【宅建士】不動産屋に有名人来店 ツイッターに掲載したら

公開日:  更新日:

■問題
 次の行為のうち、宅地建物取引業者がしてはならないこととして、宅地建物取引業法の規定により禁止されているものはどれか?

①インターネットで、業務上取り扱ったことについて知り得た秘密を漏らすこと
②裁判の証言で、業務上取り扱ったことについて知り得た秘密を漏らすこと

(平成13年 宅建試験問題・改題)

■解説
 堀北真希・山本耕史夫妻が来店したことを一部始終ツイッターで公開した不動産屋の店員の事件がありましたが、このような行為は宅建業法の規定に違反する可能性があります。

 宅建業者(不動産屋)やその従業員は、裁判の証言など正当な理由がある場合を除いて、業務上取り扱ったことについて知り得た秘密を他に漏らしてはならず、この守秘義務は職を離れても続くと規定されています。この従業員は異業種から転職して数カ月ということなので、宅建士の資格は持っていないのかも知れません。ですが、宅建士、一般の従業員問わず、このような行為は禁止です。この業者は、監督処分として業務停止処分を受ける可能性があります。

 宅建試験ではこのようなモラルに関する問題も出題されます。

〈答え〉①

監修:成瀬和之(資格の学校TAC・宅建士、マンション管理士、管理業務主任者講座専任講師)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  2. 2

    巨人が岩隈獲得も…“救世主”とアテにできない致命的欠陥

  3. 3

    ロシア専門家が警鐘「北方領土問題進展は日本側の幻想」

  4. 4

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  5. 5

    清原の二の舞か…“Vの使者”丸を待つ巨人移籍1年目の大重圧

  6. 6

    火野正平との醜聞が話題に 元祖バラドル小鹿みきさんは今

  7. 7

    FA丸を筆頭に総額50億円大補強…巨人最大の問題はリリーフ

  8. 8

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  9. 9

    FA炭谷加入で…G小林“正捕手剥奪”で年俸6000万円飼い殺し

  10. 10

    魔性の女が復活…「あな渡」は“荻野目慶子劇場”と化した

もっと見る