問題発生こそ好機 “瓢箪から駒”の成果は失敗から生まれる

公開日: 更新日:

「失敗」なしに想定を上回る好結果は出せない――。こう話すのは「逆転思考」を上梓した森上隆史氏だ。森上氏が率いる「プライマルグループ」は新規事業開発専業のコンサルティング会社として最大規模を誇り、創業して10年、増益増収を続けている。

 森上氏は外資系のコンサルティング会社から音楽業界に転身。新人アーティストの発掘・育成を手掛けた後、ソフトバンクグループで音楽事業会社の立ち上げ業務に関わり、現在の前身となる会社を設立した。

「失敗の経験は多々ありましたが、新規事業のコンサルティングを主にやり始めて、改めて失敗の重要性を認識しました」

 これまで400以上の新規事業に関わってきた。誰もが認めるエースが、失敗を経験していなかったがゆえに挫折するケースも多々見てきたという。

 某大手企業勤務のAさんは研究者として社内トップの成果を出し、会議で営業職をやり込めるほど弁舌も立った。そして会社肝いりの新規事業立ち上げリーダーに任じられる。周囲も本人も成功を確信していた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    6億円FAが補欠かも…巨人炭谷の正捕手を阻む小林の“鬼肩”

  2. 2

    安倍首相またウソ “自衛官の息子涙目”逸話には元ネタあり

  3. 3

    官邸文書申し入れ問題 記者イジメなぜ内閣記者会ダンマリ

  4. 4

    もし“キャンプ番長”斎藤佑樹の指導者が栗山監督以外なら…

  5. 5

    夏の甲子園準Vの日本文理野球部で…窃盗事件もみ消し疑惑

  6. 6

    自民・田畑毅氏離党か…永田町で飛び交う“女性醜聞”の中身

  7. 7

    ゲレーロ濃厚も…巨人の“超大穴”左翼を他球団が密かに警戒

  8. 8

    まるで残尿内閣…統計不正キーマン“チョロ出し”の時間稼ぎ

  9. 9

    日本初「事業再生支援会社」の着手案件が次々と破綻危機

  10. 10

    乙武さんがハーフ美女と再婚へ 日刊ゲンダイもデート目撃

もっと見る