問題発生こそ好機 “瓢箪から駒”の成果は失敗から生まれる

公開日:  更新日:

「失敗」なしに想定を上回る好結果は出せない――。こう話すのは「逆転思考」を上梓した森上隆史氏だ。森上氏が率いる「プライマルグループ」は新規事業開発専業のコンサルティング会社として最大規模を誇り、創業して10年、増益増収を続けている。

 森上氏は外資系のコンサルティング会社から音楽業界に転身。新人アーティストの発掘・育成を手掛けた後、ソフトバンクグループで音楽事業会社の立ち上げ業務に関わり、現在の前身となる会社を設立した。

「失敗の経験は多々ありましたが、新規事業のコンサルティングを主にやり始めて、改めて失敗の重要性を認識しました」

 これまで400以上の新規事業に関わってきた。誰もが認めるエースが、失敗を経験していなかったがゆえに挫折するケースも多々見てきたという。

 某大手企業勤務のAさんは研究者として社内トップの成果を出し、会議で営業職をやり込めるほど弁舌も立った。そして会社肝いりの新規事業立ち上げリーダーに任じられる。周囲も本人も成功を確信していた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  2. 2

    巨人が岩隈獲得も…“救世主”とアテにできない致命的欠陥

  3. 3

    ロシア専門家が警鐘「北方領土問題進展は日本側の幻想」

  4. 4

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  5. 5

    清原の二の舞か…“Vの使者”丸を待つ巨人移籍1年目の大重圧

  6. 6

    火野正平との醜聞が話題に 元祖バラドル小鹿みきさんは今

  7. 7

    FA丸を筆頭に総額50億円大補強…巨人最大の問題はリリーフ

  8. 8

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  9. 9

    FA炭谷加入で…G小林“正捕手剥奪”で年俸6000万円飼い殺し

  10. 10

    魔性の女が復活…「あな渡」は“荻野目慶子劇場”と化した

もっと見る