ビジネスの成否も左右 周囲に愛される「バカな力」の鍛え方

公開日:  更新日:

「カウンセリングに来るサラリーマンの多くが“成功者”です。彼らは、まじめで努力しているのに周囲とのコミュニケーションがうまくいかないとか、心から充実感や幸せを感じられなくて寂しいといった悩みを抱えています」

 こう言うのは、「バカ力(ばかりょく)」(ポプラ社)の著者で、臨床心理士の山名裕子氏だ。完璧主義のヤリ手ほど周囲に人が寄りつかず、孤独に陥りやすい傾向があるという。

「一回の成功は自分を追い詰めれば一人でも成し得ますが、その状態をキープできるかは周囲からのサポートがあるかないかに左右されます。結局、ビジネスは、『いかに人に愛されるか』で成否が分かれると言ってもいい。そのためには肩の力を抜いて、人に愛されるユーモラスな力(ちから)=『バカ力(りよく)』をつけることを推奨しています」

 頭が悪いバカのことではない。ビジネスの世界で“他人から愛される力”だ。それを鍛える手段は――。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  2. 2

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  3. 3

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  4. 4

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  5. 5

    広島対策は“丸投げ”? 巨人スタッフ会議で投打コーチ言及

  6. 6

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  7. 7

    常盤貴子「グッドワイフ」上昇のカギは美魔女の輝きと気概

  8. 8

    ドラ1左腕も“被害者”か…岩隈加入で巨人若手が行き場失う

  9. 9

    巨人は先発6人以外“全員中継ぎ” 勝利の方程式を追加構想

  10. 10

    前JGTO副会長が吐露 男子2試合“消滅”は青木功会長が招いた

もっと見る