デキる人は必ずやっている 「手抜き」3つのコツ

公開日: 更新日:

「アイツは定時退社なのに成績はトップ。それに引き換え、オレは毎朝一番に来て残業までしているのに、出世レースから外されている」――。

 こんなふうに憤るサラリーマンは少なくないもの。なぜ、両者に違いが生まれるのか。これには理由がある。

「すごい手抜き」(ワニブックス)の著者で、心理学ジャーナリストの佐々木正悟氏によると、「ここぞというところで実力を発揮できる人ほど、ここぞでないところで巧みに力を抜いている」という。

「仕事が終わらない、余裕がない、目標に届かないと悩む人は『完璧』を目指しています。そんな完璧主義は日本人に多く、フランス人の心理学者も、『日本人の文化的特徴』だと指摘しています。完璧主義者と呼ばれる人たちは、西洋の研究によると全人口の1%程度。99%は違います。多いとされる日本人にしても、9割以上は違う。なのに無理して、完璧を目指そうとして苦しんでいるのです。完璧主義は悪いこととは言いませんが、大抵、誰もトクしない。手抜きがいいと思うくらいのいいかげんさがあった方が、仕事もプライベートもうまくいくのです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    任侠山口組が組長制に 40数名が織田代表と親子盃、舎弟盃

  2. 2

    お笑い文化台無し!安倍首相の吉本新喜劇出演に府民大激怒

  3. 3

    統一地方選で2ケタ議席「N国党」と「幸福党」大躍進のナゼ

  4. 4

    就職戦線“買い手市場”に激変 新卒採用は氷河期に向かう

  5. 5

    役者はセリフが命…山P「インハンド」にブーイングのワケ

  6. 6

    博多大吉とデート報道 赤江珠緒が気を揉む"あの男"の存在

  7. 7

    木浪と近本は数試合で…矢野阪神「4番・大山」の賞味期限

  8. 8

    あるのか阪神? 貧打と補強下手の“4度目赤っ恥”緊急補強

  9. 9

    衆院2補選惨敗で自民真っ青…夏の“衆参W選”へ一気に現実味

  10. 10

    大谷はFA権取得前に放出か トラウト472億円契約延長の波紋

もっと見る