デキる人は必ずやっている 「手抜き」3つのコツ

公開日:  更新日:

「アイツは定時退社なのに成績はトップ。それに引き換え、オレは毎朝一番に来て残業までしているのに、出世レースから外されている」――。

 こんなふうに憤るサラリーマンは少なくないもの。なぜ、両者に違いが生まれるのか。これには理由がある。

「すごい手抜き」(ワニブックス)の著者で、心理学ジャーナリストの佐々木正悟氏によると、「ここぞというところで実力を発揮できる人ほど、ここぞでないところで巧みに力を抜いている」という。

「仕事が終わらない、余裕がない、目標に届かないと悩む人は『完璧』を目指しています。そんな完璧主義は日本人に多く、フランス人の心理学者も、『日本人の文化的特徴』だと指摘しています。完璧主義者と呼ばれる人たちは、西洋の研究によると全人口の1%程度。99%は違います。多いとされる日本人にしても、9割以上は違う。なのに無理して、完璧を目指そうとして苦しんでいるのです。完璧主義は悪いこととは言いませんが、大抵、誰もトクしない。手抜きがいいと思うくらいのいいかげんさがあった方が、仕事もプライベートもうまくいくのです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    肺病の赤ん坊に客が1stクラスを 母親の感謝投稿に圧倒共感

  2. 2

    熱愛ゼロの草食ぶり…新垣結衣は私生活でも獣になれない?

  3. 3

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  4. 4

    “質問無視”連発の河野外相 政治資金で「外食三昧」の日々

  5. 5

    セクゾ松島もパニック障害…ジャニーズで病欠が相次ぐワケ

  6. 6

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  7. 7

    実力は和牛でも…霜降り明星「M-1優勝」のメンタルを分析

  8. 8

    事件、退所、病気…ジャニーズ内の光と影が鮮明だった一年

  9. 9

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

  10. 10

    賀来賢人「今日から俺は」が日テレドラマのトップ走るワケ

もっと見る