• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

デキる人は必ずやっている 「手抜き」3つのコツ

「アイツは定時退社なのに成績はトップ。それに引き換え、オレは毎朝一番に来て残業までしているのに、出世レースから外されている」――。

 こんなふうに憤るサラリーマンは少なくないもの。なぜ、両者に違いが生まれるのか。これには理由がある。

「すごい手抜き」(ワニブックス)の著者で、心理学ジャーナリストの佐々木正悟氏によると、「ここぞというところで実力を発揮できる人ほど、ここぞでないところで巧みに力を抜いている」という。

「仕事が終わらない、余裕がない、目標に届かないと悩む人は『完璧』を目指しています。そんな完璧主義は日本人に多く、フランス人の心理学者も、『日本人の文化的特徴』だと指摘しています。完璧主義者と呼ばれる人たちは、西洋の研究によると全人口の1%程度。99%は違います。多いとされる日本人にしても、9割以上は違う。なのに無理して、完璧を目指そうとして苦しんでいるのです。完璧主義は悪いこととは言いませんが、大抵、誰もトクしない。手抜きがいいと思うくらいのいいかげんさがあった方が、仕事もプライベートもうまくいくのです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    浮いた話もなし…波留の“私生活”がベールに包まれるナゾ

  2. 2

    なぜ? 「大阪万博」スポンサーに米国カジノ企業が次々と

  3. 3

    安倍首相を守り栄転 太田理財局長は“論功行賞”で主計局長

  4. 4

    野田聖子氏周辺に疑惑 仮想通貨「GACKTコイン」接点は?

  5. 5

    90年代はやりたい放題だった…とんねるずへのノスタルジー

  6. 6

    48歳・仙道敦子「この世界の片隅に」で女優復帰の舞台裏

  7. 7

    ユニクロの狙いは? フェデラーと“10年300億円契約”の意味

  8. 8

    乃木坂46白石麻衣 不可解なドタキャン騒動に大ブーイング

  9. 9

    安倍首相を悩ませる 金正恩の「拉致問題」への対応一変

  10. 10

    ZOZO騒がれた日の皮肉 老舗球団は新興勢力に5年で抜かれる

もっと見る