デキる人は必ずやっている 「手抜き」3つのコツ

公開日: 更新日:

「アイツは定時退社なのに成績はトップ。それに引き換え、オレは毎朝一番に来て残業までしているのに、出世レースから外されている」――。

 こんなふうに憤るサラリーマンは少なくないもの。なぜ、両者に違いが生まれるのか。これには理由がある。

「すごい手抜き」(ワニブックス)の著者で、心理学ジャーナリストの佐々木正悟氏によると、「ここぞというところで実力を発揮できる人ほど、ここぞでないところで巧みに力を抜いている」という。

「仕事が終わらない、余裕がない、目標に届かないと悩む人は『完璧』を目指しています。そんな完璧主義は日本人に多く、フランス人の心理学者も、『日本人の文化的特徴』だと指摘しています。完璧主義者と呼ばれる人たちは、西洋の研究によると全人口の1%程度。99%は違います。多いとされる日本人にしても、9割以上は違う。なのに無理して、完璧を目指そうとして苦しんでいるのです。完璧主義は悪いこととは言いませんが、大抵、誰もトクしない。手抜きがいいと思うくらいのいいかげんさがあった方が、仕事もプライベートもうまくいくのです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    朝ドラ熱演好評…三浦貴大“日本のマット・デイモン”の異名

  2. 2

    竹内涼真は東出級の反感も…コロナ禍に同棲女優追い出し報

  3. 3

    交際報道めぐり発覚「平祐奈vs橋本環奈」熾烈な争いと因縁

  4. 4

    安倍政権批判封じ“SNS規制”完全裏目 ネット世論が返り討ち

  5. 5

    浪費はないはずなのに…定年後の1年で200万円が消えたナゼ

  6. 6

    作曲家デビューした裕一「福島行進曲」B面の作詞家は?

  7. 7

    真の経済効果は28兆円 空前絶後の閉店招く粉飾コロナ対策

  8. 8

    鉄腕DASHに登場 元TOKIO山口復帰と長男デビューの同時計画

  9. 9

    横山やすし師匠、あの理不尽な苦痛を俺は一生忘れません!

  10. 10

    “脇職人”みちょぱ 絶妙スタンスを生んだ彼女の飽きっぽさ

もっと見る