<ケース6>冷えた夫婦関係をスルー

公開日:  更新日:

「妻はこうあるべき」という固定概念を捨てる

「このままだと熟年離婚かもしれない」と思いながら冷えた夫婦関係を改善できない男性もいるだろう。

 金融マンの山田さん(47)は共働きの妻(45)とは疎遠だが、何がキッカケか分からなかった。たまに早く帰宅しても会話がない。食事を終えると部屋にこもる。週末、妻が掃除を始めたりするときも、そうだった。

 すれ違いの生活が面倒くさくて、いつしか毎晩、酒を飲んで帰るように。そんな生活を3年近く続けた週末の午後、久しぶりに妻と食卓を囲もうとしたら「食べる前に話があるの」と離婚を切り出された。

 離婚事情に詳しい弁護士で精神保健福祉士の平林剛氏に聞いた。

「離婚の根本原因は“相手への不寛容さ”にあります。部屋が散らかっているのを見た夫は『何で掃除してないの』などと軽く言います。夫はそれが当然と思っていても、妻にとっては当然ではないかもしれません。いろいろな事情で家事をすぐにできないこともあります。そういう夫の態度が妻への不寛容さなのです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  2. 2

    水道法改正の裏で…民間業者「水を止める」と住民“脅迫”

  3. 3

    今度は雑誌がバカ売れ…女性の圧倒的支持を得た白石麻衣

  4. 4

    「第2の貴ノ岩」の懸念も…貴乃花が置いていった7人の地雷

  5. 5

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  6. 6

    偶然なのか…「不適切入試」の医学部はなぜかブラック病院

  7. 7

    4K&8Kテレビの選び方は…両方導入したプロが基礎を解説

  8. 8

    家庭内でも孤立…貴乃花が妻と弟子にした“正座説教”1時間

  9. 9

    専門家が指摘…あおり運転は善良なドライバーもやっている

  10. 10

    上沼恵美子で騒ぐ連中の勉強不足…便乗TVもどうかしている

もっと見る