<ケース6>冷えた夫婦関係をスルー

公開日: 更新日:

「妻はこうあるべき」という固定概念を捨てる

「このままだと熟年離婚かもしれない」と思いながら冷えた夫婦関係を改善できない男性もいるだろう。

 金融マンの山田さん(47)は共働きの妻(45)とは疎遠だが、何がキッカケか分からなかった。たまに早く帰宅しても会話がない。食事を終えると部屋にこもる。週末、妻が掃除を始めたりするときも、そうだった。

 すれ違いの生活が面倒くさくて、いつしか毎晩、酒を飲んで帰るように。そんな生活を3年近く続けた週末の午後、久しぶりに妻と食卓を囲もうとしたら「食べる前に話があるの」と離婚を切り出された。

 離婚事情に詳しい弁護士で精神保健福祉士の平林剛氏に聞いた。

「離婚の根本原因は“相手への不寛容さ”にあります。部屋が散らかっているのを見た夫は『何で掃除してないの』などと軽く言います。夫はそれが当然と思っていても、妻にとっては当然ではないかもしれません。いろいろな事情で家事をすぐにできないこともあります。そういう夫の態度が妻への不寛容さなのです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “安倍1強”に早くも暗雲 参院選の「前哨戦」で自民敗北危機

  2. 2

    事実上のクビ…イチロー現役引退の裏にマリナーズとの暗闘

  3. 3

    エリカ様は張り込み班に「なに撮ってんだよばかやろう!」

  4. 4

    伝説の麻薬Gメンが指摘 ピエール瀧コカイン常習の“証拠”

  5. 5

    不倫訴訟報道の後藤真希…ブログの私生活も虚像だったのか

  6. 6

    安倍首相が“偽装”の施政方針演説 英訳でも錯覚工作の傲慢

  7. 7

    現実から目を背けるために過去を「いじくり廻してゐる」

  8. 8

    京都に“愛の新居”報道…それでも鈴木京香が結婚しない理由

  9. 9

    世界1位奪取にルノー日産が画策?自動車業界大再編の予兆

  10. 10

    記者に華奢な手を差し出し…葉月里緒奈に感じた“魔性の女”

もっと見る