• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

<ケース6>冷えた夫婦関係をスルー

「妻はこうあるべき」という固定概念を捨てる

「このままだと熟年離婚かもしれない」と思いながら冷えた夫婦関係を改善できない男性もいるだろう。

 金融マンの山田さん(47)は共働きの妻(45)とは疎遠だが、何がキッカケか分からなかった。たまに早く帰宅しても会話がない。食事を終えると部屋にこもる。週末、妻が掃除を始めたりするときも、そうだった。

 すれ違いの生活が面倒くさくて、いつしか毎晩、酒を飲んで帰るように。そんな生活を3年近く続けた週末の午後、久しぶりに妻と食卓を囲もうとしたら「食べる前に話があるの」と離婚を切り出された。

 離婚事情に詳しい弁護士で精神保健福祉士の平林剛氏に聞いた。

「離婚の根本原因は“相手への不寛容さ”にあります。部屋が散らかっているのを見た夫は『何で掃除してないの』などと軽く言います。夫はそれが当然と思っていても、妻にとっては当然ではないかもしれません。いろいろな事情で家事をすぐにできないこともあります。そういう夫の態度が妻への不寛容さなのです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    元TOKIO山口達也が5億円豪邸売却へ 収入失い債務資金枯渇

  2. 2

    オリラジ中田が消えたワケ…妥当すぎる正論コメントがアダ

  3. 3

    国会大幅延長は安倍3選のためか 総裁選工作に血税90億円

  4. 4

    退所しても人気絶大 ジャニーズは3日やったらやめられない

  5. 5

    マキタスポーツらFA成功も…お笑い芸人に大淘汰時代の到来

  6. 6

    手越の未成年飲酒報道で狂い始めた NEWS小山の7月復帰計画

  7. 7

    手越がトドメに? 日テレの情報番組からジャニタレ一掃も

  8. 8

    フリー転身説浮上 NHK桑子真帆アナに有働アナが“急接近”

  9. 9

    まだあるNEWS小山の“未成年飲酒”目撃談…六本木では有名人

  10. 10

    宮里藍「10年越しの結婚」秘話 世間体気にし父親も大反対

もっと見る