地味ながら武道は“買い”…就職に有利な「部活」の選び方

公開日:  更新日:

「顔は内田だけど、やっぱり長友よね」

 多摩川河川敷で子供のサッカー試合を見つめるママたちは、“アモーレ結婚宣言”で男を上げたサッカー日本代表・長友佑都(29)の話で持ち切りだった。

 明大サッカー部出身。「女手一つで3兄弟を育ててくれた母を楽にさせたかった」と在学中にプロ契約を結ぶと、疲れ知らずでピッチを走りまくるプレースタイルでステップアップを重ね、今やイタリアの強豪インテルに所属する。プロ入り初年度300万円だった年俸は、約5億2300万円に。だれもがうらやむ孝行息子だろう。

 将来のスター選手を夢見て、子供をサッカー教室に通わせる親は少なくない。しかし、親が子供の将来を本気で考えるなら、スポーツや部活の選び方として、より現実的なリターンを計算できる“道”をアドバイスすべきだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  2. 2

    FA丸は残留が本音か “契約年数”上積みなら広島に勝機あり

  3. 3

    実はボンボン 桜田大臣“大工あがりの叩き上げ”は経歴詐称

  4. 4

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  5. 5

    交渉前に「お断り」…FA浅村に蹴飛ばされたオリの自業自得

  6. 6

    ロッテに対抗し青天井 巨人がFA丸に5年35億~40億円の狂気

  7. 7

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  8. 8

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  9. 9

    FA浅村の楽天入り決定 ソフトBは“赤っ恥”で来季へ遺恨残す

  10. 10

    倉科カナが三くだり半…竹野内豊“結婚しない男”の罪深さ

もっと見る