• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

地味ながら武道は“買い”…就職に有利な「部活」の選び方

「顔は内田だけど、やっぱり長友よね」

 多摩川河川敷で子供のサッカー試合を見つめるママたちは、“アモーレ結婚宣言”で男を上げたサッカー日本代表・長友佑都(29)の話で持ち切りだった。

 明大サッカー部出身。「女手一つで3兄弟を育ててくれた母を楽にさせたかった」と在学中にプロ契約を結ぶと、疲れ知らずでピッチを走りまくるプレースタイルでステップアップを重ね、今やイタリアの強豪インテルに所属する。プロ入り初年度300万円だった年俸は、約5億2300万円に。だれもがうらやむ孝行息子だろう。

 将来のスター選手を夢見て、子供をサッカー教室に通わせる親は少なくない。しかし、親が子供の将来を本気で考えるなら、スポーツや部活の選び方として、より現実的なリターンを計算できる“道”をアドバイスすべきだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  2. 2

    投票の“証拠写メ”強制…沖縄知事選で自公が異常な締めつけ

  3. 3

    浮沈はサーシャに…大坂なおみ“女王君臨”への落とし穴

  4. 4

    杉田水脈議員“擁護論”の怪 「論として成立」していない

  5. 5

    テニス協会が大坂なおみへ 全米V報奨金800万円は妥当か

  6. 6

    貿易戦争 中国の切り札「米国債売却」で日本にシワ寄せ

  7. 7

    大坂なおみに完敗 女王セリーナが全米決勝で逆上した真相

  8. 8

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  9. 9

    もう不毛な忖度は不要に プロOBの野球評論に新たな道が

  10. 10

    強がっても負け惜しみ 安倍政権レームダック化の急加速

もっと見る