まさに駅伝さまさま 全国アベックVの世羅は就職率100%

公開日: 更新日:

 20日に行われた全国高校駅伝で世羅(広島)が男女で1993年の仙台育英(宮城)以来2校目となるアベック優勝を果たした。

 世羅は全国屈指の駅伝強豪校。男子は全国最多となる9度の優勝、女子は前年10位からの躍進で悲願の初優勝となった。

 同校は広島県の山あいにある人口約1万7000人の世羅町にあり、学校近くにある往復4.85キロのクロスカントリーコースがウリで、半世紀以上にわたって駅伝部員が練習し、地元のお年寄りが整備しているという。広大な土地を活用した練習環境は抜群だ。

 近年は海外留学生も受け入れ、2012年ロンドン五輪ではOBのビダン・カロキがケニア代表として男子1万メートルに出場した。同校の偏差値レベルは「県内では中の下」(関係者)というが、駅伝メンバーは来春、早大、青学大などに進学予定。就職実績も良い。高校3年生の就職内定率は10月で100%に到達したという。

 後援会と偽って寄付金を要求する振り込め詐欺が起こり、同校のホームページで注意喚起を行っているほどだが、なにはともあれ、駅伝さまさまである。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マリエ枕営業騒動 大物女優が明かした“情を通じた配役”の実態

  2. 2

    出川哲朗とばっちり マリエの告発を“キャラ”で乗り切れる?

  3. 3

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  4. 4

    解決金でも払拭されない?世論が懸念する小室家の嫁姑問題

  5. 5

    石原さとみ“引退説”一蹴 綾瀬はるか意識しベッドシーン?

  6. 6

    加藤浩次に同情薄 自滅のラヴィットより“身内”にビクビク

  7. 7

    マリエの枕営業告発が広がりに欠けるワケ…どうなる“第2R”

  8. 8

    大谷モテモテでメディア大騒ぎ 米国人気質が人気に追い風

  9. 9

    眞子さまとの結婚問題で小室圭さんは? 謝らない人の心理

  10. 10

    推定390億円とも…創価学会が太閤園を高く買い取ったワケ

もっと見る