EUショックで欧州はお得…夏休み海外旅行の“穴場”はどこ

公開日: 更新日:

 夏休みシーズンが近づいている。海外旅行を考えているサラリーマンは、そろそろ予約しないと間に合わない。今年はリオで五輪がある。ここはやはり南米かと思ったりもするだろうが、「五輪会場から遺体が見つかったりするなど、ブラジルは相変わらず治安が悪い。ジカ熱も流行中です。それに航空運賃やホテル代は急騰している」(旅行代理店)というから、いいとこなしだ。

 先日、日本旅行業協会が発表した「夏休み旅行動向調査」によると、人気は定番のハワイ、台湾、シンガポール。食事もおいしくて治安がいいからだが、なんといってもこの時期は高い。まだ予約可能でお得な場所はないか。

「今夏の狙い目はヨーロッパです。英国はEU離脱でポンドが急落し、30年以上前の水準に戻りました。夏休みシーズンの商品はもう発売されているのでお得感はありませんが、あと3カ月もすれば料金は改定されます。3割減くらいになるでしょう。パッケージではなく、エアとホテルを手配するなら、すでにポンド安の恩恵を受けられます。観光は、現地発のバスツアーが充実していますし、お土産の洋酒も安く購入できる。ビートルズ人気が再燃していることもあり、すでに世界中から予約が殺到しています」(旅行ライターの渡辺輝乃氏)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  2. 2

    推定390億円とも…創価学会が太閤園を高く買い取ったワケ

  3. 3

    高級住宅街「成城学園前」が“昭和のお屋敷街”に衰退する日

  4. 4

    菅首相が米ファイザー直接交渉で赤っ恥 CEOとの対面が頓挫

  5. 5

    眞子さまは駆け落ち婚も覚悟?あえて危ない橋を渡る生き方

  6. 6

    解決金でも払拭されない?世論が懸念する小室家の嫁姑問題

  7. 7

    NiziUミイヒ出動でも爆発できず J.Y.Parkの手腕に疑問の声

  8. 8

    眞子さまとの結婚問題で小室圭さんは? 謝らない人の心理

  9. 9

    オリラジ中田も株で億万長者だが…金融庁投資推奨の危うさ

  10. 10

    大谷モテモテでメディア大騒ぎ 米国人気質が人気に追い風

もっと見る