• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

EUショックで欧州はお得…夏休み海外旅行の“穴場”はどこ

 夏休みシーズンが近づいている。海外旅行を考えているサラリーマンは、そろそろ予約しないと間に合わない。今年はリオで五輪がある。ここはやはり南米かと思ったりもするだろうが、「五輪会場から遺体が見つかったりするなど、ブラジルは相変わらず治安が悪い。ジカ熱も流行中です。それに航空運賃やホテル代は急騰している」(旅行代理店)というから、いいとこなしだ。

 先日、日本旅行業協会が発表した「夏休み旅行動向調査」によると、人気は定番のハワイ、台湾、シンガポール。食事もおいしくて治安がいいからだが、なんといってもこの時期は高い。まだ予約可能でお得な場所はないか。

「今夏の狙い目はヨーロッパです。英国はEU離脱でポンドが急落し、30年以上前の水準に戻りました。夏休みシーズンの商品はもう発売されているのでお得感はありませんが、あと3カ月もすれば料金は改定されます。3割減くらいになるでしょう。パッケージではなく、エアとホテルを手配するなら、すでにポンド安の恩恵を受けられます。観光は、現地発のバスツアーが充実していますし、お土産の洋酒も安く購入できる。ビートルズ人気が再燃していることもあり、すでに世界中から予約が殺到しています」(旅行ライターの渡辺輝乃氏)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    元立教大生に聞いた 「奨学金破産」で人生転落するまで

  2. 2

    “玉木宏ロス”の癒やしに 坂口健太郎だけが持つ3つの魅力

  3. 3

    米が次期戦闘機ゴリ押し 安倍政権は血税1400億円をドブに

  4. 4

    73歳会長と親密交際 華原朋美“天性の愛人”のジジ殺し秘術

  5. 5

    結婚を前提に交際中…高畑充希を両親に紹介した坂口健太郎

  6. 6

    官邸が“裏口入学リスト”回収…不正合格事件が政界に波及か

  7. 7

    仲間由紀恵の病院通いも…周囲が案じる田中哲司の“悪い虫”

  8. 8

    カジノ法案 胴元がカネ貸し「2カ月無利子」の危険なワナ

  9. 9

    広島・菊池、ソフトバンク柳田も…地方の大学生を見逃すな

  10. 10

    加計獣医学部 図書館に本のない大学の設置認可は前代未聞

もっと見る