EUショックで欧州はお得…夏休み海外旅行の“穴場”はどこ

公開日: 更新日:

 その他、先の動向調査を見ると、カナダが昨年15位から10位、韓国が19位から9位に大きくランクアップしている。

「カナダはアメリカの雰囲気を味わえる上、物価が安い。夏は暑くなく冬は雪が降らない。日本食や日本の本屋も充実しているので、中高年は過ごしやすいですね。韓国は1泊2日で行ける気軽さと、竹島、慰安婦、フェリー転覆事故の報道が落ち着いてイメージ回復しています」(前出の関係者)

 ちなみにキューバを楽しむなら今年しかない。

「ヘミングウェーの本を読んで憧れたとか、1940~50年代のクラシックカーを見たいという中高年層の問い合わせが急増しています。来年から、米国の航空会社6社が乗り入れを発表していて、1日数万~数十万人が行き来する。文化はアメリカナイズされてきますし、物価の上昇は避けられず、治安は悪化する。古き良き時代を味わいたいなら、今年までです」(前出の関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    セコマ・丸谷社長 コンビニのビジネスモデルは終焉が近い

  2. 2

    白鵬が突然の方針転換…「年内引退」発言にダメ押したモノ

  3. 3

    YouTuber「ヴァンゆん」ゆん お金なく毎日コーンフレーク

  4. 4

    撃墜されたウクライナ機はアメリカ軍用機の盾にされた?

  5. 5

    ハリウッドザコシショウ 気づくとゴミ捨て場で寝ていた朝

  6. 6

    口と態度はエース級 巨人の“無名ドラ1”堀田が大物ぶり発揮

  7. 7

    卓球代表6人発表も…東京五輪「金メダル」への理想と現実

  8. 8

    ディストピアを現実化 安倍政権の正体を忘れてはいけない

  9. 9

    ロバート・ボールドウィンさん “外国人日本王”半生と近況

  10. 10

    小泉進次郎氏「育休」に批判殺到 “不倫隠し”が完全に裏目

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る