金田一秀穂さんは週1回デパ地下を散歩しないと落ち着かず

公開日:  更新日:
金田一秀穂さん(C)日刊ゲンダイ

 テレビのクイズ番組などでもお馴染み、分かりやすい解説と独特の風貌で幅広い世代に人気がある言語学者。普段は杏林大学で教壇に立つ。週末は講演で全国を飛び回る一方、著書も多い。最新刊「美しい日本語が身につく本」(高橋書店)は、手紙用語や普段の会話力アップに役立つ実践書だ。多忙な“国語…

この記事は会員限定です。日刊ゲンダイDIGITALに会員登録すると続きをお読みいただけます。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  2. 2

    水道民営化で特需か 仏ヴェオリア日本人女性社長の“正体”

  3. 3

    許せないのは金本監督を切った後の阪神の「作法の冷酷」さ

  4. 4

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  5. 5

    日ロ交渉はお先真っ暗…完黙でつけ込まれる河野“無能”外相

  6. 6

    「第2の貴ノ岩」の懸念も…貴乃花が置いていった7人の地雷

  7. 7

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  8. 8

    ついに撤回運動…山手線新駅「高輪ゲートウェイ」変更は?

  9. 9

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  10. 10

    ロシア専門家が警鐘「北方領土問題進展は日本側の幻想」

もっと見る