• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger
シェリーめぐみ
著者のコラム一覧
シェリーめぐみジャーナリスト、テレビ・ラジオディレクター

横浜育ち。早稲田大学政経学部卒業後、1991年からニューヨーク在住。

CDCが妊婦に警告 マイアミにジカ熱集中で感染拡大の恐れ

 これまで、ジカ熱の感染者はほぼ全員が海外旅行先での感染、または性交渉による2次感染でした。しかし、フロリダ州マイアミで地元の蚊に刺されて感染したとみられる患者が発見されました。これを受け、米疾病対策センター(CDC)は8月初め、妊婦に対しマイアミの特定地区への立ち入りを自粛するよう勧告。「CDCの歴史始まって以来」と、全米でショックが広がっています。

 ジカウイルスは蚊が媒介し、発熱、発疹、関節の痛みなどデング熱に似た症状を呈します。また、性交渉によっても感染します。最も恐れられているのは、妊婦が感染した場合の新生児の出生異常、特に小頭症との関連が疑われていることです。アメリカではこれまで1600人以上の感染が確認されていますが、すべて渡航先での感染とされていました。

 ところが今回のケースでは、マイアミの150平方メートル四方の狭い地域に15人の感染者が集中。この地域に発生した蚊がウイルスを持っている患者を刺し、感染が広がった――つまり、アメリカ本土内で蚊に刺されて感染する初めてのケースと考えられています。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  2. 2

    英紙も警告 2020年の東京五輪は“殺人オリンピック”になる

  3. 3

    豪雨初動遅れも反省なし…安倍政権が強弁するウソと言い訳

  4. 4

    否定会見で墓穴 古屋圭司議員の“裏金”疑惑ますます深まる

  5. 5

    ZOZO社長とW杯決勝観戦 剛力彩芽“はじけっぷり”に心配の声

  6. 6

    検察は動くか アベトモ古屋議員に裏金疑惑が浮上 

  7. 7

    “苦戦の戦犯”は金本監督 阪神の凡ミス多発は意識の低さ

  8. 8

    主砲にも日本語でタメ口 エンゼルス大谷「英語力」の謎

  9. 9

    助っ人はベンチに 阪神・金本監督はロサリオが嫌いなのか

  10. 10

    9月の過密日程より心配 阪神が抱える“ロサリオ・大山問題”

もっと見る