虫さされの救世主 「ムヒ」液体シリーズヒットまでの苦闘

公開日: 更新日:

 悩ましい虫さされ、我慢できないかゆみの救世主といえば、池田模範堂の「ムヒ」シリーズだ。

 ムヒは無比。「比べるものが無いほど優れた効き目」という意味を持つ虫さされ薬は、1926年に誕生した。缶入りの軟膏から始まり、翌年には当時珍しいチューブ容器入りに。そして31年、今も主力の白いクリーム状のムヒを発売し爆発的な大ヒットとなる。以来、かゆみに効く虫さされ薬のトップブランドとして強さを発揮。シリーズ展開も積極的で、豊富なラインアップにはカテゴリーナンバーワンの商品も多い。中でも人気は「液体ムヒS」(指定第2類医薬品)と携帯に便利な「ポケムヒS」(第3類医薬品)だ。

 液体ムヒの発売は71年。だが液剤は他社が先行しており、当初は苦戦が続く。

「ムヒといえばクリームという認識が強く、液体ムヒは市場になかなか食い込めなかった。そこで原点に立ち返ってかゆみを分析。かゆみには、刺された後にすぐ腫れるものと、後日ぶり返す遅延型があることがわかり、即効性を高めた新処方に改良した」(総務経理課総務チームの山岸和晃氏)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ナゾの男が骨董店で中古ピアノを演奏…話は意外な展開に!

  2. 2

    台紙の上部には見えないのに下部にだけ広がる「斜線」の謎

  3. 3

    米倉涼子は独立から半年 次回作が決まらない「2つの理由」

  4. 4

    抗議殺到!イソジン吉村と大阪モデルの化けの皮が剥がれる

  5. 5

    堀田茜と紫吹淳も離脱…オスカー崩壊の裏に恐怖の社内改革

  6. 6

    ドラマで描かれないシーン 古関裕而は無類の愛煙家だった

  7. 7

    11点差の負け試合に野手登板 G原采配「最善策」の違和感

  8. 8

    巨人の快進撃を支える「神走塁」 地味ながら凄い3人の正体

  9. 9

    先の大戦と酷似 デマと精神論が蔓延するコロナ禍ニッポン

  10. 10

    裕次郎さんの自宅から遺跡が…本人と石原プロ社員の神対応

もっと見る