虫さされの救世主 「ムヒ」液体シリーズヒットまでの苦闘

公開日: 更新日:

 悩ましい虫さされ、我慢できないかゆみの救世主といえば、池田模範堂の「ムヒ」シリーズだ。

 ムヒは無比。「比べるものが無いほど優れた効き目」という意味を持つ虫さされ薬は、1926年に誕生した。缶入りの軟膏から始まり、翌年には当時珍しいチューブ容器入りに。そして31年、今も主力の白いクリーム状のムヒを発売し爆発的な大ヒットとなる。以来、かゆみに効く虫さされ薬のトップブランドとして強さを発揮。シリーズ展開も積極的で、豊富なラインアップにはカテゴリーナンバーワンの商品も多い。中でも人気は「液体ムヒS」(指定第2類医薬品)と携帯に便利な「ポケムヒS」(第3類医薬品)だ。

 液体ムヒの発売は71年。だが液剤は他社が先行しており、当初は苦戦が続く。

「ムヒといえばクリームという認識が強く、液体ムヒは市場になかなか食い込めなかった。そこで原点に立ち返ってかゆみを分析。かゆみには、刺された後にすぐ腫れるものと、後日ぶり返す遅延型があることがわかり、即効性を高めた新処方に改良した」(総務経理課総務チームの山岸和晃氏)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    NHKも優遇なし 青山アナに「育休中の給与返せ」批判の誤解

  2. 2

    福岡知事選で“麻生アレルギー” 学会や九州財界から爪弾き

  3. 3

    丸獲得でも変わらず 巨人がOP戦で露呈“広島恐怖症”の重篤

  4. 4

    北方領土「第2次世界大戦の結果論」というのは暴論である

  5. 5

    死骸で発見のジュゴンは…辺野古埋め立てで行方不明だった

  6. 6

    東京福祉大“消えた留学生”問題を招いた安倍政権の数値目標

  7. 7

    籠池氏が久々の爆弾発言「昭恵付職員が財務省室長と面会」

  8. 8

    東京五輪で終電延長 鉄道各社が強いられる“ブラック労働”

  9. 9

    ルノーと三菱グループ急接近か 日産含む“3社統合”への思惑

  10. 10

    記者に華奢な手を差し出し…葉月里緒奈に感じた“魔性の女”

もっと見る