• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

偏差値50でも高就職率 これから“お買い得”の国公立大は?

 今週、来年度のセンター試験の出願受け付けが始まった。先日、国から私大への補助金が44年ぶりに10%を切ったことが報じられた。私大経営は苦しくなるばかりだが、だからといって学費を上げるのも難しい。大学受験では、学費の安い国公立大の人気が高まっているのだ。

「親元を離れずに学費の安い地元の国公立大に進みたいという学生は増えています。地元で働くなら就活でも有利ですからね。しかも魅力は偏差値50程度で入れる学校がゴロゴロあること。高い学費を払い、中途半端な私学に行って就活に苦労する必要はないのです」(予備校関係者)

 河合塾調べによると、首都圏なら、東京海洋大の海洋工学は偏差値50~、首都大東京のシステムは52.5~、千葉大、埼玉大も教育は52.5~とお手頃だ。センター試験は必要だが、5~6割程度の正答率なら合格ラインで、2次試験がない学校も少なくない。大学通信ゼネラルマネジャー・安田賢治氏が言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  2. 2

    右肘手術をさせたいエ軍と避けたい大谷翔平…暗闘の全内幕

  3. 3

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  4. 4

    錯乱答弁を連発 テレビ討論でバレた安倍首相の薄っぺらさ

  5. 5

    「9.16」引退宣言 安室奈美恵がこの1年で稼いだ驚きの金額

  6. 6

    大谷“19勝&350打席”監督予言 2年後には年俸総額150億円も

  7. 7

    iPhone入手困難に? 米との貿易戦争激化で中国に“奥の手”

  8. 8

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  9. 9

    今季ワースト4日間7097人 男子ツアーの閑古鳥は誰の責任か

  10. 10

    降って湧いた放映権問題で…LPGAと大会主催者の対立が激化

もっと見る