偏差値50でも高就職率 これから“お買い得”の国公立大は?

公開日:  更新日:

 今週、来年度のセンター試験の出願受け付けが始まった。先日、国から私大への補助金が44年ぶりに10%を切ったことが報じられた。私大経営は苦しくなるばかりだが、だからといって学費を上げるのも難しい。大学受験では、学費の安い国公立大の人気が高まっているのだ。

「親元を離れずに学費の安い地元の国公立大に進みたいという学生は増えています。地元で働くなら就活でも有利ですからね。しかも魅力は偏差値50程度で入れる学校がゴロゴロあること。高い学費を払い、中途半端な私学に行って就活に苦労する必要はないのです」(予備校関係者)

 河合塾調べによると、首都圏なら、東京海洋大の海洋工学は偏差値50~、首都大東京のシステムは52.5~、千葉大、埼玉大も教育は52.5~とお手頃だ。センター試験は必要だが、5~6割程度の正答率なら合格ラインで、2次試験がない学校も少なくない。大学通信ゼネラルマネジャー・安田賢治氏が言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  2. 2

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  5. 5

    前のめり安倍首相に露が食わす「条文作成」の毒まんじゅう

  6. 6

    専門医は「説明不能」…米11歳少女の悪性脳腫瘍が消えた!

  7. 7

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  8. 8

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  9. 9

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  10. 10

    安倍首相の「フェイク発言」を追及しない本土のマスコミ

もっと見る