• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

偏差値50でも高就職率 これから“お買い得”の国公立大は?

 今週、来年度のセンター試験の出願受け付けが始まった。先日、国から私大への補助金が44年ぶりに10%を切ったことが報じられた。私大経営は苦しくなるばかりだが、だからといって学費を上げるのも難しい。大学受験では、学費の安い国公立大の人気が高まっているのだ。

「親元を離れずに学費の安い地元の国公立大に進みたいという学生は増えています。地元で働くなら就活でも有利ですからね。しかも魅力は偏差値50程度で入れる学校がゴロゴロあること。高い学費を払い、中途半端な私学に行って就活に苦労する必要はないのです」(予備校関係者)

 河合塾調べによると、首都圏なら、東京海洋大の海洋工学は偏差値50~、首都大東京のシステムは52.5~、千葉大、埼玉大も教育は52.5~とお手頃だ。センター試験は必要だが、5~6割程度の正答率なら合格ラインで、2次試験がない学校も少なくない。大学通信ゼネラルマネジャー・安田賢治氏が言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権また後手後手 西日本豪雨の補正予算が置き去りに

  2. 2

    浮いた話もなし…波留の“私生活”がベールに包まれるナゾ

  3. 3

    日大アメフト部新監督 立命大OB内定に選手らは拒否反応

  4. 4

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  5. 5

    政財界とも結びつき深く…故・浅利慶太さんの「功と罪」

  6. 6

    傲慢でぶれない自民党と公明党 国民のことは考えていない

  7. 7

    サンドウィッチマン富澤 2007年M-1優勝の瞬間を振り返る

  8. 8

    生田悦子さん 最期の言葉は「サンドイッチ買ってきて」

  9. 9

    ドラマ引っ張りだこ 「高嶺の花」でも話題の峯田和伸って

  10. 10

    英紙も警告 2020年の東京五輪は“殺人オリンピック”になる

もっと見る