リオ大活躍ALSOKは圏外 今どき体育会学生の就職人気企業

公開日:  更新日:

 リオ五輪が閉幕したが、2020年の東京で期待のホープになりそうな体育会学生が選んだ就職人気企業が面白い。

 アスリートプランニングの調査によると、1位は「三井住友銀行」、これに次ぐ2位が「東京海上日動火災」。一般学生とそう変わらない気もするが、実はこの2社、「東京2020ゴールドパートナー」といって、JOC(日本オリンピック委員会)の有力スポンサーなのだ。ほかにも、ランキング上位にはJOCの公式スポンサー企業が居並んでいる。学生もバカではなく、運動について関心の高い企業を意識しているようだ。ただし、リオで所属選手がメダルを量産したALSOKは圏外だった。

 興味深いのは、アスリート学生の内定率の高さ。7月時点の集計では88.7%の学生が内定を得ており、約8割が就活を終了。調査機関こそ違うが、一般学生の7月時点の内定率が72.7%(マイナビ調べ)だという点と比較すると、かなり順調といっていい。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  4. 4

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  5. 5

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  6. 6

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  7. 7

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

  8. 8

    高校68本塁打 早実野村プロ入り決意の裏にソフトB王会長

  9. 9

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  10. 10

    “猫の目”打線にも順応 ソフトB中村は打順を選ばぬ仕事人

もっと見る