リオ大活躍ALSOKは圏外 今どき体育会学生の就職人気企業

公開日: 更新日:

 リオ五輪が閉幕したが、2020年の東京で期待のホープになりそうな体育会学生が選んだ就職人気企業が面白い。

 アスリートプランニングの調査によると、1位は「三井住友銀行」、これに次ぐ2位が「東京海上日動火災」。一般学生とそう変わらない気もするが、実はこの2社、「東京2020ゴールドパートナー」といって、JOC(日本オリンピック委員会)の有力スポンサーなのだ。ほかにも、ランキング上位にはJOCの公式スポンサー企業が居並んでいる。学生もバカではなく、運動について関心の高い企業を意識しているようだ。ただし、リオで所属選手がメダルを量産したALSOKは圏外だった。

 興味深いのは、アスリート学生の内定率の高さ。7月時点の集計では88.7%の学生が内定を得ており、約8割が就活を終了。調査機関こそ違うが、一般学生の7月時点の内定率が72.7%(マイナビ調べ)だという点と比較すると、かなり順調といっていい。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ガッキー演じるみくりの妊娠&髪型は? 逃げ恥SP撮影秘話

  2. 2

    マッチ“火遊び”の代償 25歳下との不倫に中森明菜も呆れ顔

  3. 3

    田原俊彦“干され過去”と決別 不倫で失墜したマッチとの差

  4. 4

    相棒の視聴率を抜いた「七人の秘書」懲らしめ系はなぜ人気

  5. 5

    マッチ引退窮地…事務所の後ろ盾・人望・居場所すべてナシ

  6. 6

    玉木宏「極主夫道」が大健闘 昭和的“ベタ”コントに安心感

  7. 7

    男男男男男男男男男男男男男男の大家族についに女児誕生!

  8. 8

    小池氏“3大”ウソ 重症者、豊洲市場、軽症者施設で失策隠蔽

  9. 9

    菅野vs千賀なら欲しいのは…メジャーがつける“値段の差”

  10. 10

    高部知子“ニャンニャン写真”流出の顛末 元カレは自殺した

もっと見る