リオ大活躍ALSOKは圏外 今どき体育会学生の就職人気企業

公開日:  更新日:

 リオ五輪が閉幕したが、2020年の東京で期待のホープになりそうな体育会学生が選んだ就職人気企業が面白い。

 アスリートプランニングの調査によると、1位は「三井住友銀行」、これに次ぐ2位が「東京海上日動火災」。一般学生とそう変わらない気もするが、実はこの2社、「東京2020ゴールドパートナー」といって、JOC(日本オリンピック委員会)の有力スポンサーなのだ。ほかにも、ランキング上位にはJOCの公式スポンサー企業が居並んでいる。学生もバカではなく、運動について関心の高い企業を意識しているようだ。ただし、リオで所属選手がメダルを量産したALSOKは圏外だった。

 興味深いのは、アスリート学生の内定率の高さ。7月時点の集計では88.7%の学生が内定を得ており、約8割が就活を終了。調査機関こそ違うが、一般学生の7月時点の内定率が72.7%(マイナビ調べ)だという点と比較すると、かなり順調といっていい。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  2. 2

    外国人技能実習生「怪死」にチラつく“反社会的勢力”の影

  3. 3

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  4. 4

    難役を次々好演…林遣都は主役を光らせる最高の助演男優

  5. 5

    ゴーン後継トヨタ副社長も ルノーが西川社長を追放する日

  6. 6

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  7. 7

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  8. 8

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

  9. 9

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  10. 10

    5分の1まで暴落のビットコイン 今こそ買い時か完全崩壊か

もっと見る