• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

五木寛之氏「新 青春の門」が「週刊現代」で連載再開決定

 五木寛之氏の本紙連載「流されゆく日々」が9月5日に、連載10000回を超え、ギネス記録を更新中だが、五木ファンのみならず、あの燃える時代に青春を過ごした世代にとっての驚きのニュースが飛び込んできた。

 70年安保闘争のただ中の1969年6月19日号「週刊現代」で連載がスタートした「青春の門」は、1994年4月30日号が連載の最後となり、これまでに「筑豊篇」から「挑戦篇」までの7部が刊行。1976年には「青春の門」で吉川英治文学賞を受賞。累積で2200万部に迫る国民的青春大河小説である。そして休筆から実に23年ぶりに、来年1月から連載が再開されるのだ。

 休筆直前の連載では、主人公・信介は苦悩の中から抜け出すようにユーラシア大陸横断の大望を抱き異国の地へと旅立つが、再開される「新 青春の門」で、未知の世界の息吹に触れた信介は、そこで一体何をつかみとるのだろうか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    73歳会長と親密交際 華原朋美“天性の愛人”のジジ殺し秘術

  2. 2

    仲間由紀恵の病院通いも…周囲が案じる田中哲司の“悪い虫”

  3. 3

    官邸が“裏口入学リスト”回収…不正合格事件が政界に波及か

  4. 4

    今度は不倫愛…華原朋美の「だめんず遍歴」に透ける計算

  5. 5

    安倍首相ミエミエ被災地利用 閣僚も国民に“逆ギレ”の末期

  6. 6

    カジノ法案 胴元がカネ貸し「2カ月無利子」の危険なワナ

  7. 7

    西村氏の謝罪が火に油 安倍自民“言い訳”に嘘発覚で大炎上

  8. 8

    5000万円疑惑 落ち目の細野豪志氏がすがった“意外な人物”

  9. 9

    文科省の収賄局長が失った 麻布の“億ション”セレブライフ

  10. 10

    防災にどれだけ本気? 安倍政権で「次は東京」という恐怖

もっと見る