• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「70歳!人と社会の老いの作法」五木寛之+釈徹宗著

「低成長・高成熟」の時代を生きる現代人の進むべき道を示す対談集。

 超高齢化が加速度的に進み、「長生きはいいことだ」と無邪気に信じられていた時代は去り、「不安と不信の中で、どのようにすれば人生を完結させることができるかが、大きな問題として立ち上がってきた」と五木氏は指摘。死に関する自己決定のために死生観を持つことが求められ、終末活動がブームになるほど現代人は死と向き合おうとしているが、解決には至らない。「なぜなら、それらはいずれも消費される情報にすぎないからだ」と、釈氏は情報ではなく物語こそが自分の死を考えるときに力になると説く。日本人の死生観や信仰心を読み解きながら「多死社会」とどう付き合うかを論じる。(文藝春秋 780円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    73歳会長と親密交際 華原朋美“天性の愛人”のジジ殺し秘術

  2. 2

    仲間由紀恵の病院通いも…周囲が案じる田中哲司の“悪い虫”

  3. 3

    官邸が“裏口入学リスト”回収…不正合格事件が政界に波及か

  4. 4

    今度は不倫愛…華原朋美の「だめんず遍歴」に透ける計算

  5. 5

    安倍首相ミエミエ被災地利用 閣僚も国民に“逆ギレ”の末期

  6. 6

    カジノ法案 胴元がカネ貸し「2カ月無利子」の危険なワナ

  7. 7

    西村氏の謝罪が火に油 安倍自民“言い訳”に嘘発覚で大炎上

  8. 8

    5000万円疑惑 落ち目の細野豪志氏がすがった“意外な人物”

  9. 9

    文科省の収賄局長が失った 麻布の“億ション”セレブライフ

  10. 10

    防災にどれだけ本気? 安倍政権で「次は東京」という恐怖

もっと見る