「70歳!人と社会の老いの作法」五木寛之+釈徹宗著

公開日: 更新日:

「低成長・高成熟」の時代を生きる現代人の進むべき道を示す対談集。

 超高齢化が加速度的に進み、「長生きはいいことだ」と無邪気に信じられていた時代は去り、「不安と不信の中で、どのようにすれば人生を完結させることができるかが、大きな問題として立ち上がってきた」と五木氏は指摘。死に関する自己決定のために死生観を持つことが求められ、終末活動がブームになるほど現代人は死と向き合おうとしているが、解決には至らない。「なぜなら、それらはいずれも消費される情報にすぎないからだ」と、釈氏は情報ではなく物語こそが自分の死を考えるときに力になると説く。日本人の死生観や信仰心を読み解きながら「多死社会」とどう付き合うかを論じる。(文藝春秋 780円+税)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    小栗旬が竹内涼真に御立腹…「小栗会」のパシリにご指名か

  2. 2

    3000億円「Go To 利権」にちらつくパソナと竹中平蔵氏の影

  3. 3

    自粛解除で昭恵夫人ウズウズ 居酒屋UZU再開に官邸ヒヤヒヤ

  4. 4

    竹内涼真は東出級の反感も…コロナ禍に同棲女優追い出し報

  5. 5

    白井貴子さん モントリオール金から30年、難民支援を継続

  6. 6

    鉄腕DASHに登場 元TOKIO山口復帰と長男デビューの同時計画

  7. 7

    坂本と大城はどこで感染?巨人コロナ「微陽性」6つの疑問

  8. 8

    出会いから5年 ついに百恵&友和の決定的な写真が撮られた

  9. 9

    小池都知事の次なる敵は…新宿・歌舞伎町“殲滅”の危うさ

  10. 10

    杏とは“リモート離婚”…東出昌大のイバラ道はまだまだ続く

もっと見る