• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

全長1000km 東電管内に埋まるのは経年劣化の“火薬庫”だ

 すぐ“次”があるかもしれない。霞が関の官庁街など都心で最大59万軒の大規模停電を引き起こした埼玉県新座市の送電線火災。敷設から約35年経過した「OFケーブル」と呼ばれる電線から出火した。原因は経年劣化による漏電とみられる。

 東京電力によると、出火元となったOFケーブルは、管内の地中に総延長約1500キロが埋まっているが、そのうち3分の2の1000キロが敷設から35年以上経っているというから、勘弁してくれよ、だ。

「OFケーブルは電線の外側に油紙(絶縁紙)を何重にも巻いて、漏電を防ぐ構造になっている。大容量の電気を安定供給するために、高度経済成長期に急速に普及した基幹ケーブルです。当初は劣化は緩やかだとみられていましたが、さすがに30年、40年が経ち、最近は経年による絶縁性能の劣化を指摘する専門家も複数いた。劣化によるトラブルも、実際に何件か確認されていたらしい。起こるべくして起こった火災とみる向きもあります」(電力業界関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    浮いた話もなし…波留の“私生活”がベールに包まれるナゾ

  2. 2

    90年代はやりたい放題だった…とんねるずへのノスタルジー

  3. 3

    野田聖子氏周辺に疑惑 仮想通貨「GACKTコイン」接点は?

  4. 4

    乃木坂46白石麻衣 不可解なドタキャン騒動に大ブーイング

  5. 5

    なぜ? 「大阪万博」スポンサーに米国カジノ企業が次々と

  6. 6

    安倍首相を守り栄転 太田理財局長は“論功行賞”で主計局長

  7. 7

    広島追撃にキーマン不在…巨人・坂本は長期離脱の可能性も

  8. 8

    安倍首相を悩ませる 金正恩の「拉致問題」への対応一変

  9. 9

    ユニクロの狙いは? フェデラーと“10年300億円契約”の意味

  10. 10

    48歳・仙道敦子「この世界の片隅に」で女優復帰の舞台裏

もっと見る