• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

芭蕉を偲びつつ「最上川三難所そば街道」で“板そば”を

絶景ポイントのひとつ三ケ瀬付近(左)/(提供写真)

 奥の細道にも詠まれた最上川。船運時代、中流にある碁点、三ケ瀬、隼の3地点は、非常に急流なことから「最上川三難所」と呼ばれ、船乗りたちに恐れられたという。その三難所沿いにある全長約15キロの県道が「最上川三難所そば街道」だ。
 村山市では、最上川の流れに沿ってそば屋…

この記事は会員限定です。日刊ゲンダイDIGITALに会員登録すると続きをお読みいただけます。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事