• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

<1>過労死予備軍で危ないのはバブル崩壊後入社の管理職

写真はイメージ(C)日刊ゲンダイ

 大手広告代理店・電通の女性新入社員は、昨年10月に130時間、11月に99時間残業し、クリスマスに自らの命を絶った。日本では昨年、2万4025人が自殺している。このうち2159人は「勤務問題」が原因だった。生きるために働くはずが、働いたことで命を落とす。ほかの先進国では見られず…

この記事は会員限定です。日刊ゲンダイDIGITALに会員登録すると続きをお読みいただけます。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事