• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

かつては20カ所以上 ラーメンテーマパークはなぜ減った?

 元祖フードテーマパークといえば“ラーメン・テーマパーク”だ。

 1994年にオープンした「新横浜ラーメン博物館」が発祥。全国の有名店のラーメンが1カ所で食べられるとあって、連日行列の大賑わい。社会現象にまでなった。

 この通称“ラー博”の成功にあやかり、2000年ごろから全国に雨後の“シナチク”ばりにラーメン・テーマパークが誕生。その数20カ所以上になった。

 ところが、現在残っているのは、草分けのラー博の他、「札幌ら~めん共和国」「津軽ラーメン街道」「京都拉麺小路」「福岡ラーメンスタジアム」など数える程度。なぜこうなったのか。

 フードジャーナリストの、はんつ遠藤氏によれば、「一番は立地の問題。現在残っているところは、駅から徒歩数分以内や駅ビル内にあるなど、とにかく便利。自分が関わっておいて何ですが、三重県の桑名ラーメン街道は遠かったですからねえ……」。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  2. 2

    徳永有美アナが古巣に復帰 「報ステ」現場は大ブーイング

  3. 3

    元SMAP3人は自由を謳歌 シャッフルして新たな仕事が急増中

  4. 4

    小川アナの左腕が物語る…嵐・櫻井翔“新恋人報道”の違和感

  5. 5

    大激怒から落胆へ…爆問・太田“裏口入学”報道の複雑胸中

  6. 6

    流した浮名は数知れず 前田敦子&勝地涼“電撃婚”の舞台裏

  7. 7

    日本人拘束は進展ナシ…「安倍3選」を阻む北朝鮮の仕掛け

  8. 8

    太田光“裏口”報道は法廷へ 光代社長「橋下先生に委任状」

  9. 9

    カネと欲望がうごめく甲子園 ネット裏“怪情報”<番外編>

  10. 10

    巨悪に甘い日本の大メディア 米新聞トランプ一斉批判で露呈

もっと見る