かつては20カ所以上 ラーメンテーマパークはなぜ減った?

公開日: 更新日:

 元祖フードテーマパークといえば“ラーメン・テーマパーク”だ。

 1994年にオープンした「新横浜ラーメン博物館」が発祥。全国の有名店のラーメンが1カ所で食べられるとあって、連日行列の大賑わい。社会現象にまでなった。

 この通称“ラー博”の成功にあやかり、2000年ごろから全国に雨後の“シナチク”ばりにラーメン・テーマパークが誕生。その数20カ所以上になった。

 ところが、現在残っているのは、草分けのラー博の他、「札幌ら~めん共和国」「津軽ラーメン街道」「京都拉麺小路」「福岡ラーメンスタジアム」など数える程度。なぜこうなったのか。

 フードジャーナリストの、はんつ遠藤氏によれば、「一番は立地の問題。現在残っているところは、駅から徒歩数分以内や駅ビル内にあるなど、とにかく便利。自分が関わっておいて何ですが、三重県の桑名ラーメン街道は遠かったですからねえ……」。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    甲子園ドラフト候補「行きたい球団」「行きたくない球団」

  2. 2

    深キョンもびっくり?田中みな実キャラ変で絶好調の新境地

  3. 3

    令和元年も渦巻く欲望…夏の甲子園“ネット裏怪情報”

  4. 4

    正直大変…水野美紀さんはまともに目を合わせるとヤラレル

  5. 5

    史上最低大河「いだてん」に狙いを定めるN国にNHKは真っ青

  6. 6

    「ルパンの娘」深キョン祖母役 59歳・どんぐりって誰だ?

  7. 7

    香取慎吾の出演を認めさせた 萩本欽一&ジャニー社長の絆

  8. 8

    巨人はグラリ…ドラ1指名は大船渡・佐々木か星陵・奥川か

  9. 9

    ハンディ乗り越え…深田恭子「ルパンの娘」に大化けの予感

  10. 10

    組織委が責任逃れ 東京五輪は“死のボランティア”も現実に

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る