「パズドラ」不正攻略で摘発 “インチキソフト”なぜ売れる

公開日:

 人気オンラインゲーム「パズル&ドラゴンズ」を有利に攻略できるチートツール(だます道具)を販売したとして、10日、ソフト開発会社「インターナル」(横浜市西区)社長、石田渉容疑者(40)ら3人が、神奈川県警に逮捕された。組織犯罪処罰法違反の偽計業務妨害容疑での摘発は全国初。

 チートツールとは、正規の有料アイテムとは違って、ゲームを有利に進めるための“インチキソフト”のことだ。先月、「ドラゴンクエストX」で5人のチーターが摘発されたばかり。「パズドラ」では、今年6月、チートツールを公開した広島県の大学生が逮捕されている。「パズドラ」運営会社の社員はこう嘆く。

「ゲームはユーザーに攻略法を考えてもらうものなのに、不正ソフトはゲームの楽しみを根幹から否定してしまうものです」

 SNSのゲームは、不特定多数が参加する。ズルの横行はゲームバランスを崩壊させ、多くの真面目な利用者が逃げてしまう。結果的に利用者は激減するので、ゲーム運営会社にとっては死活問題だ。ITジャーナリストの井上トシユキ氏はこう言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    鳥谷は4億で大山は微増の3000万 若虎たちの嘆きを聞け 

  4. 4

    水道民営化のウラに…麻生財務相“身内に利益誘導”の怪情報

  5. 5

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  6. 6

    長澤まさみが表紙V15 「東宝カレンダー」泣き笑いの面々

  7. 7

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  8. 8

    30歳でNHK朝ドラ主演 戸田恵梨香ついに“後輩”に追いついた

  9. 9

    50秒の電話で“暴力集団”押し付けられた千賀ノ浦親方の不運

  10. 10

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

もっと見る