• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger
シェリーめぐみ
著者のコラム一覧
シェリーめぐみジャーナリスト、テレビ・ラジオディレクター

横浜育ち。早稲田大学政経学部卒業後、1991年からニューヨーク在住。

合法化進む医療用マリフアナ 薬価上昇の“特効薬”になるか

 アメリカではマリフアナが徐々に合法化しているという話は、聞いたことがあると思います。特に医療用のマリフアナは、ニューヨークも含めて全米の半分の25州で合法化されています。医療用以外の嗜好品としてもコロラド州、ワシントン州など4州で合法です。そしてすでに、マリフアナはアメリカの医療に変化をもたらしています。

 特に注目されるのが高齢者の医療。アメリカの薬価は急激に上昇し、高齢者医療にも大きな影を落としています。アメリカには「メディケア」と呼ばれる高齢者に適用される国の医療保険制度がありますが、天井知らずの医療費の値上がりで、メディケアの未来に不安を感じているアメリカ人は少なくありません。

 メディケア利用者の薬の多くを占めているのが強い鎮痛剤や抗うつ剤です。ところが、医療雑誌に発表された調査結果によれば、医療用のマリフアナが合法化された州では、こうした薬の消費が減っているというのです。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    オリラジ中田が消えたワケ…妥当すぎる正論コメントがアダ

  2. 2

    嘘で嘘を塗り固め…加計理事長に逮捕の可能性はあるのか

  3. 3

    被災者よりも総裁選…安倍首相「しゃぶしゃぶ夜会」のア然

  4. 4

    懲りない昭恵氏がヒタ隠す「総理の妻として言えないこと」

  5. 5

    視聴率は歴代最低…AKB48総選挙が描く“下降曲線”の危機感

  6. 6

    コロンビアに勝利も…釜本氏は攻撃停滞と決定機ミスに注文

  7. 7

    今井美樹に続く批判 20年たっても解けない“略奪愛”の呪い

  8. 8

    総選挙でトップ3に入れず…AKBは“本体”弱体化が最大の課題

  9. 9

    手越はブログ炎上、女性には嫌がらせ…NEWS未成年飲酒の余波

  10. 10

    松本伊代&早見優 80年代アイドル歌謡ショーの隠れた需要

もっと見る