シェリーめぐみ
著者のコラム一覧
シェリーめぐみジャーナリスト、テレビ・ラジオディレクター

横浜育ち。早稲田大学政経学部卒業後、1991年からニューヨーク在住。

合法化進む医療用マリフアナ 薬価上昇の“特効薬”になるか

公開日: 更新日:

 アメリカではマリフアナが徐々に合法化しているという話は、聞いたことがあると思います。特に医療用のマリフアナは、ニューヨークも含めて全米の半分の25州で合法化されています。医療用以外の嗜好品としてもコロラド州、ワシントン州など4州で合法です。そしてすでに、マリフアナはアメリカの医療に変化をもたらしています。

 特に注目されるのが高齢者の医療。アメリカの薬価は急激に上昇し、高齢者医療にも大きな影を落としています。アメリカには「メディケア」と呼ばれる高齢者に適用される国の医療保険制度がありますが、天井知らずの医療費の値上がりで、メディケアの未来に不安を感じているアメリカ人は少なくありません。

 メディケア利用者の薬の多くを占めているのが強い鎮痛剤や抗うつ剤です。ところが、医療雑誌に発表された調査結果によれば、医療用のマリフアナが合法化された州では、こうした薬の消費が減っているというのです。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    セイン・カミュは事務所独立問題がこじれ芸能界から消えた

  2. 2

    台風被害はそっちのけ…安倍自民“無能幹部”の呆れた実態

  3. 3

    “タブー”だった事務所移籍 安室奈美恵はなぜ成功したのか

  4. 4

    森田健作知事 元タレントなのに災害対応で存在感ゼロの愚

  5. 5

    お台場の海はなぜ汚いのか 水質を知り尽くす港区議が警鐘

  6. 6

    CMや配信で復活の兆しも…「のん」が干された決定的な理由

  7. 7

    醜聞だらけ “火薬庫大臣”田中和徳の初入閣に地元もビックリ

  8. 8

    田原俊彦が干された真相…「BIG発言」だけではなかった

  9. 9

    汚染処理水発言で物議 何でも屋は農業や社会保障も実績0

  10. 10

    楽天平石監督の退任騒動とヤクルト小川監督辞任の“点と線”

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る