シェリーめぐみ
著者のコラム一覧
シェリーめぐみジャーナリスト、テレビ・ラジオディレクター

横浜育ち。早稲田大学政経学部卒業後、1991年からニューヨーク在住。

合法化進む医療用マリフアナ 薬価上昇の“特効薬”になるか

公開日:

 アメリカではマリフアナが徐々に合法化しているという話は、聞いたことがあると思います。特に医療用のマリフアナは、ニューヨークも含めて全米の半分の25州で合法化されています。医療用以外の嗜好品としてもコロラド州、ワシントン州など4州で合法です。そしてすでに、マリフアナはアメリカの医療に変化をもたらしています。

 特に注目されるのが高齢者の医療。アメリカの薬価は急激に上昇し、高齢者医療にも大きな影を落としています。アメリカには「メディケア」と呼ばれる高齢者に適用される国の医療保険制度がありますが、天井知らずの医療費の値上がりで、メディケアの未来に不安を感じているアメリカ人は少なくありません。

 メディケア利用者の薬の多くを占めているのが強い鎮痛剤や抗うつ剤です。ところが、医療雑誌に発表された調査結果によれば、医療用のマリフアナが合法化された州では、こうした薬の消費が減っているというのです。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  8. 8

    唯一トラックマン未導入でも…勝てる広島の「データ戦略」

  9. 9

    巨人が4年連続V逸…広島をマネしたくてもできない断末魔

  10. 10

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

もっと見る