「無葬社会」の著者警鐘 多死社会で遺体処理が社会問題化

公開日: 更新日:
自動搬送式納骨堂も増加(右は鵜飼秀徳氏)/(C)日刊ゲンダイ

「待機遺体」という言葉が聞かれるようになった。火葬場の順番待ちをしている遺体のことだ。首都圏の一部の火葬場では、1週間ほどの待ちが珍しくないという。

「近く“遺体の処理”が社会問題化するのは間違いありません」と話すのは、「無葬社会」(日経BP社)の著…

この記事は会員限定です。日刊ゲンダイDIGITALに会員登録すると続きをお読みいただけます。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    休校期間中のスペイン旅行で娘が感染 呆れた親のモラル

  2. 2

    深酒にガールズバー…志村けんコロナ感染で濃厚接触者多数

  3. 3

    Cocomiデビューも炎上 キムタク参画ではじく静香の皮算用

  4. 4

    昭恵夫人が“桜を見る会” 花見自粛要請中に私的開催の仰天

  5. 5

    コロナ禍でもビーチで遊んでいた若者が…過ちに気づき懺悔

  6. 6

    中小企業を襲う“コロナ倒産ドミノ” 5月GWがタイムリミット

  7. 7

    「官邸官僚」の嘘と罪 ゲーム感覚で権力振るうモンスター

  8. 8

    コロナ対策批判され「辞めたるわ」大阪・守口市長が暴言

  9. 9

    不織布マスクのストックが…正しい「使い回し方」を知る

  10. 10

    阪神藤浪コロナ感染で球界激震…4.24開幕ありきの自業自得

もっと見る