買い取り価格が10年前の2倍に あなたの「金歯」が売れる

公開日:

「金」の価値が高騰しているという。自宅に眠っている物で売れる物はあるのか?

「金の価値の上昇は、過去に遡るとずっと続いています。たとえば、10年前と比較すると、2倍に上がっています。今後のことは何とも申し上げられませんが、海外でのドル建ての相場は上がっています」(「田中貴金属工業」広報担当者)

 田中貴金属工業は、ホームページなどで金の値段を公表している。それは毎日異なっており、2月16日(9時半公表)の税込み買い取り価格は1グラム当たり4835円。1カ月前と比較すると108円アップだ。

 価格は会社ごとの決定で、「田中貴金属工業さんの金額に基づいて、各社出しています」(「コメ兵」広報担当者)。

「『金』なんてウチにはないよ」なんて思っている人もいるだろうが、探せば何か出てくるかもしれない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ロシア専門家が警鐘「北方領土問題進展は日本側の幻想」

  2. 2

    巨人が岩隈獲得も…“救世主”とアテにできない致命的欠陥

  3. 3

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  4. 4

    火野正平との醜聞が話題に 元祖バラドル小鹿みきさんは今

  5. 5

    FA丸を筆頭に総額50億円大補強…巨人最大の問題はリリーフ

  6. 6

    魔性の女が復活…「あな渡」は“荻野目慶子劇場”と化した

  7. 7

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  8. 8

    ソフトバンクを襲った“3重苦” 上場延期説が市場を駆け巡る

  9. 9

    清原の二の舞か…“Vの使者”丸を待つ巨人移籍1年目の大重圧

  10. 10

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

もっと見る