日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「暗闇コン」大盛況 顔で選ばない“相手探し”なぜ流行る?

 先週、出会いの場を提供する会社が主催する「暗闇コン」が都内で開かれた。真っ暗な地下室に集まった男女が、会話、匂い、握手だけでマッチングを目指すというもので、カップルになれないと最後まで相手の顔を見られないルール。これに応募が殺到し、話題になった。

 一方、婚活パーティー会社も先日、「顔より中身!マスカレードパーティー」を開催。こちらは、男性のみ仮面をつけて会話を楽しむスタイル。カップルが成立したら、仮面を外して素顔を公開するのだ。非日常感がドキドキを加速させるそうで、さっそく次の開催も決まった。

 アラサーの独身女性記者としては、顔を見て、好みじゃなかったら……と気が進まないが、実は、結婚相手を見つける手段としては有効なのだとか。

「最近は、恋愛にガツガツしない若者が増え、異性にドラマチックなものを求めなくなっています。特に結婚となると、パートナーに安定感を求めるため、いかに快適に過ごせるかが大事。顔は二の次です」(明大講師の関修氏=心理学)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事