日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

小林麻利子さんが語る 就寝前の“うっとりタイム”の重要性

ナイトケアアドバイザーの小林麻利子さん(C)日刊ゲンダイ

「冬は7時、夏は6時、外が明るくなれば、自然に目を覚まします。アラームのスヌーズ機能は寝起き悪化の元凶です」

 生活習慣改善サロン「Flura]代表の小林麻利子さんは「美人をつくる熟睡スイッチ」の著者で、ナイトケアアドバイザー。睡眠改善インストラクタ…

この記事は会員限定です。日刊ゲンダイDIGITALに会員登録すると続きをお読みいただけます。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事