異性と2人で卒業旅行 「男性意識しない」女性の深層心理

公開日: 更新日:

 はかま姿の女子大生が目につく。あちこちの大学で卒業式が終わり、企業はもうすぐ新卒の新入社員を迎える。毎年、新卒学生の特徴を表す標語が話題になるが、今年はどうか。

 世代の特徴を知る上で面白いのが、DeNAトラベルの調査だ。大学生から80代まで幅広い対象で必ずしも学生に絞った調査ではないが、世代の意識の違いが透けて見える。

 たとえば、「異性の友人と2人で卒業旅行に行った場合、相手を異性として意識するか?」を聞いた質問。枯れてるはずの60代以上は「全くしない」が0%で、若くなるほどその数値が増え、学生が20.8%で最多。

 異性との2人きりの卒業旅行への抵抗感についても、若くなるほど「非常にある」が少なくなる。男女別では、女性は男性より約16ポイント少ない22.9%。女性は「全くない」が17%で、男性より4.5ポイント上回っている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    吉本批判でも24時間ランナー 近藤春菜にあがる“怨嗟の声”

  2. 2

    さんまもサジ投げた?宮迫博之“なんちゃって懺悔録”の軽薄

  3. 3

    渋野日向子フィーバーが覆い隠す女子プロ協会のゴタゴタ

  4. 4

    目玉は嵐だけ…“やめ時”を逸した24時間テレビの時代錯誤

  5. 5

    渋野マネジメント会社決定で気になる大型契約と来季主戦場

  6. 6

    連日過熱報道でついに悲鳴…渋野日向子が“国外逃亡”する日

  7. 7

    日テレ24時間マラソン 走者がポッチャリ女芸人偏重の事情

  8. 8

    F35とは“別腹” F2後継ステルス機国産化で防衛費は青天井

  9. 9

    新契約と副収入で稼ぎ破格 渋野日向子メジャー制覇の値段

  10. 10

    「ルパンの娘」深キョン祖母役 59歳・どんぐりって誰だ?

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る