遅刻するのは損! プロが指南する“合コン成功”5つの法則

公開日:

 最強の布陣で挑んだ合コンで肩透かしを食らう。こんな経験は誰にでもあるだろう。恋愛マッチングサービスの「合コンあるある」について聞いた調査でも、半数以上の女性が「かっこいい人が一人もいない」なんて回答していたが、男だってガッカリさせられることは多い。そこで合コンの法則について、男女の出会いに詳しい日本合コン協会会長の絵音氏に聞いた。

(1)「幹事MAXの法則」

「女性に特有のことですが、だいたい幹事が一番可愛い。女性はちやほやされたい願望があります。自分より可愛い子は誘いません。幹事がマックスと覚悟しておいた方がいい。これが男性になると、自分の株を上げようとするので、女性陣に自慢できるイケメンや仕事のできる先輩を呼びます」

(2)遅刻はガッカリを増す

「合コンで“遅れる”という行為は、勝手に異性に期待を持たせるんです。“最後の一人”という状況に、美人やイケメンを想像してしまう。好みじゃなかったり、普通の人が来てしまうと、ガッカリ度がハンパありません。マイナスからスタートになるので損です」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  2. 2

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  3. 3

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  4. 4

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  5. 5

    広島対策は“丸投げ”? 巨人スタッフ会議で投打コーチ言及

  6. 6

    常盤貴子「グッドワイフ」上昇のカギは美魔女の輝きと気概

  7. 7

    巨人は先発6人以外“全員中継ぎ” 勝利の方程式を追加構想

  8. 8

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  9. 9

    ドラ1左腕も“被害者”か…岩隈加入で巨人若手が行き場失う

  10. 10

    ボールの下にバットを入れる“ホームラン打法”に対する誤解

もっと見る