1000円とは思えない 万年筆「カクノ」は文房具界の革命児

公開日:

 パイロットコーポレーションが展開するエントリーモデルの万年筆「カクノ」は、低価格と機能性を両立。子どもでも気軽に使える万年筆として2013年に発売以来、ヒットを続けている。

 カクノは1000円(税抜き)で買える万年筆。低価格ながら書き味よく、ジュニア世代に加えて、大人のビギナーも取り込み、万年筆マニアにもウケている。期待を超えるファン層の広がり。そもそも「万年筆ユーザーを増やしたい」という思いがはじまりだけに、うれしい反響だ。

 国産万年筆のトップメーカーとして、市場活性化をめざした商品開発。万年筆は大人が使うものというイメージがあるが、同社の調査によれば、若い世代ほど「欲しい」という声が多く、その理由も「かっこいい」「おしゃれ」などよい印象が並ぶ。でも持っていない。なぜなら「値段が高そう」「選び方がわからない」から。つまり興味はあるが手が出ないということ。そこで12年、若い世代に向け3000円の万年筆「コクーン」を発売。これが大きな反響を得たことから次なる展開、“1000円万年筆”の開発がスタートする。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  3. 3

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  4. 4

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  5. 5

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  6. 6

    2年契約満了で去就は 中日ビシエド水面下で“静かなる銭闘”

  7. 7

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  8. 8

    プーチンに後から反論…安倍首相“フェイク発言”の苦し紛れ

  9. 9

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  10. 10

    虎最下位で金本続投白紙…後任に掛布・岡田という“断末魔”

もっと見る