1000円とは思えない 万年筆「カクノ」は文房具界の革命児

公開日: 更新日:

 パイロットコーポレーションが展開するエントリーモデルの万年筆「カクノ」は、低価格と機能性を両立。子どもでも気軽に使える万年筆として2013年に発売以来、ヒットを続けている。

 カクノは1000円(税抜き)で買える万年筆。低価格ながら書き味よく、ジュニア世代に加えて、大人のビギナーも取り込み、万年筆マニアにもウケている。期待を超えるファン層の広がり。そもそも「万年筆ユーザーを増やしたい」という思いがはじまりだけに、うれしい反響だ。

 国産万年筆のトップメーカーとして、市場活性化をめざした商品開発。万年筆は大人が使うものというイメージがあるが、同社の調査によれば、若い世代ほど「欲しい」という声が多く、その理由も「かっこいい」「おしゃれ」などよい印象が並ぶ。でも持っていない。なぜなら「値段が高そう」「選び方がわからない」から。つまり興味はあるが手が出ないということ。そこで12年、若い世代に向け3000円の万年筆「コクーン」を発売。これが大きな反響を得たことから次なる展開、“1000円万年筆”の開発がスタートする。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    CMや配信で復活の兆しも…「のん」が干された決定的な理由

  2. 2

    石田ゆり子&渡辺美奈代 50歳で評価「天と地の差」のナゼ

  3. 3

    予算委で露呈 想像を超えるオンポロ内閣、チンピラ答弁

  4. 4

    藤原紀香と“共演NG” 天海佑希以外にも挙がった女優の名前

  5. 5

    何やってんだ横浜! 指導者問題で活動自粛の古巣に物申す

  6. 6

    嘘まみれの日米貿易協定 ボロボロ出てくる隠蔽と虚偽説明

  7. 7

    しゃべりも演技も好評なのに…松岡茉優に吹き始めた“逆風”

  8. 8

    問題は再就職 早期退職募集で手を挙げていい人・ダメな人

  9. 9

    3歳男児が2歳妹の髪を切ったら…斬新なヘアスタイルに!

  10. 10

    広瀬すずも「のん」の二の舞か…ギャラ“最高”も尽きぬ不安

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る