1000円とは思えない 万年筆「カクノ」は文房具界の革命児

公開日:

 パイロットコーポレーションが展開するエントリーモデルの万年筆「カクノ」は、低価格と機能性を両立。子どもでも気軽に使える万年筆として2013年に発売以来、ヒットを続けている。

 カクノは1000円(税抜き)で買える万年筆。低価格ながら書き味よく、ジュニア世代に加えて、大人のビギナーも取り込み、万年筆マニアにもウケている。期待を超えるファン層の広がり。そもそも「万年筆ユーザーを増やしたい」という思いがはじまりだけに、うれしい反響だ。

 国産万年筆のトップメーカーとして、市場活性化をめざした商品開発。万年筆は大人が使うものというイメージがあるが、同社の調査によれば、若い世代ほど「欲しい」という声が多く、その理由も「かっこいい」「おしゃれ」などよい印象が並ぶ。でも持っていない。なぜなら「値段が高そう」「選び方がわからない」から。つまり興味はあるが手が出ないということ。そこで12年、若い世代に向け3000円の万年筆「コクーン」を発売。これが大きな反響を得たことから次なる展開、“1000円万年筆”の開発がスタートする。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    肺病の赤ん坊に客が1stクラスを 母親の感謝投稿に圧倒共感

  2. 2

    熱愛ゼロの草食ぶり…新垣結衣は私生活でも獣になれない?

  3. 3

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  4. 4

    “質問無視”連発の河野外相 政治資金で「外食三昧」の日々

  5. 5

    セクゾ松島もパニック障害…ジャニーズで病欠が相次ぐワケ

  6. 6

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  7. 7

    実力は和牛でも…霜降り明星「M-1優勝」のメンタルを分析

  8. 8

    事件、退所、病気…ジャニーズ内の光と影が鮮明だった一年

  9. 9

    賀来賢人「今日から俺は」が日テレドラマのトップ走るワケ

  10. 10

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

もっと見る