「ポカリ」誕生のきっかけはメキシコ出張での入院だった

公開日: 更新日:

 大塚製薬の健康飲料「ポカリスエット」が好調だ。1980年発売のロングセラー商品は、コミュニケーションの刷新など鮮度を高める活動が奏功し、現在売り上げは増加傾向にある。また昨年は初の新形状「ポカリスエットゼリー」も投入。順調な売れ行きだ。

「ゼリー飲料市場は主にエネルギー補給中心製品とビタミンなどの単一栄養素補給製品で構成されていることから、ポカリスエットは新しい価値を提案すべく『食べる水分補給』としてゼリーを発売した」(プロダクトマーケティングマネジャーの浅見慎一氏=写真)

 はじまりは「飲む点滴液」という発想。約40年前、メキシコに出張していた同社研究員が激しい下痢で入院した。そこで医師から「とにかく水分を飲んで、あとで栄養も取るように」と手渡されたのは炭酸飲料。「もっと人間の体に合った吸収のよい飲み物はできないだろうか」と考え、その後、手術後の医師が栄養補給に点滴液を飲むのを見てひらめいた。まさに輸液(点滴液)のリーディングカンパニーだからこその展開。「飲む点滴液」に、汗で失われる水分と電解質(イオン)を補給できる「汗の飲料」というコンセプトが加わり、80年、「ポカリスエット」は誕生した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    ワイセツ行為された球児は50人以上 再逮捕された甲子園出場校コーチの卑劣手口

    ワイセツ行為された球児は50人以上 再逮捕された甲子園出場校コーチの卑劣手口

  2. 2
    鈴木杏樹「4000円ラブホ不倫」から1年半… 五十路のセクシー路線で本格再始動

    鈴木杏樹「4000円ラブホ不倫」から1年半… 五十路のセクシー路線で本格再始動

  3. 3
    ワクチン接種完了でも「150日間で死者10万人超」の衝撃予測! 行動制限を緩和して大丈夫なのか?

    ワクチン接種完了でも「150日間で死者10万人超」の衝撃予測! 行動制限を緩和して大丈夫なのか?

  4. 4
    不調の中田翔&丸の代わりが「39歳ベテラン」という巨人のお寒い現実、若手はどうした?

    不調の中田翔&丸の代わりが「39歳ベテラン」という巨人のお寒い現実、若手はどうした?

  5. 5
    大谷翔平のハートに移籍願望の火!エ軍のPS進出は絶望的、本塁打王争うゲレロとは雲泥の差

    大谷翔平のハートに移籍願望の火!エ軍のPS進出は絶望的、本塁打王争うゲレロとは雲泥の差

もっと見る

  1. 6
    宮迫博之の大誤算…TVキー局は“吉本忖度”でソッポ、炎上商法でマスコミからも総スカン

    宮迫博之の大誤算…TVキー局は“吉本忖度”でソッポ、炎上商法でマスコミからも総スカン

  2. 7
    日大背任事件の2億円不正流出先は? ドン宅に続き「アベ友」の医療法人に特捜ガサ入れ

    日大背任事件の2億円不正流出先は? ドン宅に続き「アベ友」の医療法人に特捜ガサ入れ

  3. 8
    二刀流で結果残す大谷翔平に冷ややかな視線…気になる他球団投手陣からのやっかみ

    二刀流で結果残す大谷翔平に冷ややかな視線…気になる他球団投手陣からのやっかみ

  4. 9
    ゆきぽよTVから消滅…再起誓うも「もう見たくない」の声

    ゆきぽよTVから消滅…再起誓うも「もう見たくない」の声

  5. 10
    “甘ちゃん”阪神「規定違反」のツケ!自業自得のドラフト戦略見直し、厳重注意の天理より度し難い

    “甘ちゃん”阪神「規定違反」のツケ!自業自得のドラフト戦略見直し、厳重注意の天理より度し難い