• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

半歩先行く憧れの存在 リカちゃんはなぜ廃れないのか?

 1967年の誕生から50年。累計販売数6000万体以上を誇るタカラトミーの看板商品、着せ替え人形の「リカちゃん」に注目したい。

 名前は香山リカ。5月3日生まれの11歳で、血液型はO型。プロフィル設定のある人形は、今でこそ珍しくないが、50年前は画期的。しかも、当初からデザイナーのママ、フランス人のパパなど家族設定もできていた。まさに少女マンガのように、物語を持って世に出た商品である。

 もともとはビニール玩具を得意としていたことから(当時はタカラ)、人形が住める「ドールハウス」の開発を計画。だが当時ヒットしていた海外製の人形に合わせて作ってみたところ、日本の女の子が持ち歩いたり、日本の住宅事情を考えると大き過ぎる。だったら人形も作ってしまおうと考えたのが始まりだ。

「巷には欧米人の顔をした人形がほとんど。そこで、本当に日本の女の子が喜ぶ人形を作ろうと決意。少女マンガの世界観を取り入れ、小さなヒロインとしてリカちゃんが生まれた」(広報課課長の村山麻衣子氏)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    中居正広“ジャニーズ残留”決定か…ウラに野望とカネと打算

  2. 2

    静香次女コウキ ファッション業界で囁かれる“本当の実力”

  3. 3

    無策の安倍首相を尻目に…本田圭佑「電撃訪朝」急浮上

  4. 4

    竹内涼真vs手越祐也 明暗分かれたサッカーW杯キャスター評

  5. 5

    キムタク低迷と次女デビューで…動き出した工藤静香の狙い

  6. 6

    フジの中居MC計画潰した 「徹子の部屋」は元の放送時間へ

  7. 7

    浮いた話もなし…波留の“私生活”がベールに包まれるナゾ

  8. 8

    90年代はやりたい放題だった…とんねるずへのノスタルジー

  9. 9

    結婚を前提に交際中…高畑充希を両親に紹介した坂口健太郎

  10. 10

    強豪私学が相次ぎ予選敗退…公立高校が全国で“逆襲”のワケ

もっと見る