半歩先行く憧れの存在 リカちゃんはなぜ廃れないのか?

公開日: 更新日:

 1967年の誕生から50年。累計販売数6000万体以上を誇るタカラトミーの看板商品、着せ替え人形の「リカちゃん」に注目したい。

 名前は香山リカ。5月3日生まれの11歳で、血液型はO型。プロフィル設定のある人形は、今でこそ珍しくないが、50年前は画期的。しかも、当初からデザイナーのママ、フランス人のパパなど家族設定もできていた。まさに少女マンガのように、物語を持って世に出た商品である。

 もともとはビニール玩具を得意としていたことから(当時はタカラ)、人形が住める「ドールハウス」の開発を計画。だが当時ヒットしていた海外製の人形に合わせて作ってみたところ、日本の女の子が持ち歩いたり、日本の住宅事情を考えると大き過ぎる。だったら人形も作ってしまおうと考えたのが始まりだ。

「巷には欧米人の顔をした人形がほとんど。そこで、本当に日本の女の子が喜ぶ人形を作ろうと決意。少女マンガの世界観を取り入れ、小さなヒロインとしてリカちゃんが生まれた」(広報課課長の村山麻衣子氏)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    東出昌大は「不倫常習者の典型」と識者…杏は苦しい決断に

  2. 2

    東出昌大は「帰宅拒否症」だった“理想の夫婦”の哀しい現実

  3. 3

    東出昌大“裏の顔”浮き彫りに 子育ておろか家事もせず不倫

  4. 4

    遅すぎた対応…東京五輪本番に“感染パニック”襲来の危機

  5. 5

    夫・東出昌大の不倫をバネに?三児の母・杏の気になる今後

  6. 6

    杏&東出昌大「2億円豪邸」は離婚危機の歯止めにならない?

  7. 7

    杏と東出は別居…ドラマ共演で結婚した夫婦が離婚するワケ

  8. 8

    今期2つの連ドラに出演 柄本佑の人気が“うなぎ上り”のワケ

  9. 9

    20年ぶりの幕尻V 徳勝龍を支えた肝っ玉母と美人妻を直撃

  10. 10

    CM降板も…東出昌大「引退危機」不倫疑惑で視聴者総スカン

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る