「銀座カリー」は誰も食べたことない“名店”の味を再現

公開日:

 デミグラスソースを思わせるような、濃厚で滑らかなルーが決め手のレトルトカレー「銀座カリー」は、1994年の発売以来、大人世代に大人気。シリーズ全体で年間44億円を売り上げる、明治の看板ブランドだ。

 53年にカレー事業を始めた明治だが、レトルトカレーは後発。91年に「まるごと野菜カレー」で参入し、次に続いたのが「銀座カリー」である。

「当時は具の大きいカレーが主流だったため、あえて差別化。日本的な高級感をもった商品を考えた」(調理食品営業部の新井宏基氏=写真)

 コンセプトは「古きよき銀座洋食屋の洗練されたイメージ」と「日本人の味覚にあう、ご飯との相性がよい品質」。そこで目指したのが、昭和5年に森村鈴河商店(食品メーカー)が発売した「ギンザカレー」だった。もっとも、それは昭和初期に販売されていたもの。誰も食べたことはないのにどう再現したかといえば想像だ。銀座の洋食店を中心に100店舗以上のカレーを食べて「たぶん、こういう味だったのではないか」と想像しながら作ったという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  2. 2

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  3. 3

    オークラを提訴 久兵衛に危惧されるホテル業界の総スカン

  4. 4

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  5. 5

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  6. 6

    新人王でも来季は年俸7500万円 大谷の「大型契約」はいつ?

  7. 7

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  8. 8

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  9. 9

    エ軍が大谷の復帰に慎重姿勢 あの日本人投手が反面教師に

  10. 10

    東電に8兆円超も税金投入…政府や電力会社がおかしい!

もっと見る