独自路線で成功 亀田製菓「手塩屋」決め手は鰹と昆布だし

公開日:

 だしが効いたせんべいといえばコレ! 亀田製菓の堅焼きせんべい「手塩屋」シリーズは、生地の焼きから味付けまで手塩にかけたこだわりの商品として2005年に発売以来、幅広いファン層を獲得。定番「しお味」を中心に、フレーバー展開も好評で、ロングセラー商品を多数もつ同社において、堂々、主力ブランドに成長している。

 従来の堅焼きせんべいとは違う独自路線。それが、食べやすい食感の塩味の堅焼きだった。

「開発当時、堅焼きせんべいといえば醤油味で、塩味は市場にほとんどなかった。そこで塩味をベースとし、さらにだしを加えることで、新しい堅焼きを作れるのではと考えた」(経営企画部の尾関淑江氏)

 つまりは「だし」が決め手。後引くうま味のある塩味にするために、さまざまなだしを組み合わせて何度も試作を重ねたという。結果、たどり着いたのがかつおと昆布の組み合わせだ。ふくよかな香りとコク深い味わい。これこそが手塩屋の最大のウリで、まさにクセになるおいしさが人気の理由である。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ロシア専門家が警鐘「北方領土問題進展は日本側の幻想」

  2. 2

    火野正平との醜聞が話題に 元祖バラドル小鹿みきさんは今

  3. 3

    魔性の女が復活…「あな渡」は“荻野目慶子劇場”と化した

  4. 4

    ソフトバンクを襲った“3重苦” 上場延期説が市場を駆け巡る

  5. 5

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  6. 6

    巨人が岩隈獲得も…“救世主”とアテにできない致命的欠陥

  7. 7

    FA丸を筆頭に総額50億円大補強…巨人最大の問題はリリーフ

  8. 8

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  9. 9

    試行錯誤を経てたどり着いた「バントは時間稼ぎ」の極意

  10. 10

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

もっと見る