• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

6割強が“そう思う” 「家を買うと転勤」の都市伝説を検証

 マイホームを買うと転勤になる都市伝説は本当なのか――。不動産比較査定サイト「スマイスター」が、この“サラリーマンあるある”について興味深いアンケート結果を発表している。

 回答者の33.7%が転勤経験者だが、うち約半数が転勤時に持ち家だった。その持ち家を何年前に購入したかと聞いたところ、「1年未満」が14%。「1~3年」は26%だった。つまり、40%が家を購入した途端に転勤したことがわかった。

「アンケートでは、『家を購入すると転勤になる』と信じている人が約3割もいました。同じ設問を住宅購入後3年以内の転勤経験者に絞って聞くと、実に6割強がマイホーム購入が転勤のきっかけになったと回答しています」(スマイスターを運営する「シースタイル」広報担当者)

 転勤が単なる偶然ではなく、会社の“狙い撃ち”だと信じている人が圧倒的に多いようだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事