田舎暮らしに新たな可能性 「空き家シェアハウス」最前線

公開日:

 まもなくゴールデンウイーク。毎年田舎に帰ったり地方に旅行などで出かけたりしては、「こんなところで暮らしてみたいな」と思う人も少なくないだろう。都会暮らしに疲れ、田舎暮らしを夢見る社会人は今増えている。

 一方で、地方自治体は人口減少や都会への人口流出に頭を悩ませている。2040年までに消滅する可能性があるといわれている自治体は、現在、全国1800市区町村のうち896。深刻な地域では、空き家増加などの問題も抱えている。

 しかし、こうした空き家や空き施設を活用して人口流出に歯止めをかけようと動き始めた自治体も多い。山形県の尾花沢市は、農家民宿だった空き家を利用し、今年3月末にシェアハウスに改築整備。現在2人の入居者を募集している(3人居住できるうち、1人は地域おこし協力隊が居住)。

「地元の人にビジネスなどのセミナーができるようにパソコンやプロジェクターなどを備えたスペースもあり、Wi─Fiも備えてあります。尾花沢市の名産であるスイカ農家の若い担い手だけでなく、6次産業としてIT関連などの起業家にも来ていただきたい。シェアハウスの家賃は3年間無料ですから、じっくり時間をかけて起業の準備をしてもらえればと思います」(市担当者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  2. 2

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  5. 5

    前のめり安倍首相に露が食わす「条文作成」の毒まんじゅう

  6. 6

    専門医は「説明不能」…米11歳少女の悪性脳腫瘍が消えた!

  7. 7

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  8. 8

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  9. 9

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  10. 10

    安倍首相の「フェイク発言」を追及しない本土のマスコミ

もっと見る