田舎暮らしに新たな可能性 「空き家シェアハウス」最前線

公開日: 更新日:

 まもなくゴールデンウイーク。毎年田舎に帰ったり地方に旅行などで出かけたりしては、「こんなところで暮らしてみたいな」と思う人も少なくないだろう。都会暮らしに疲れ、田舎暮らしを夢見る社会人は今増えている。

 一方で、地方自治体は人口減少や都会への人口流出に頭を悩ませている。2040年までに消滅する可能性があるといわれている自治体は、現在、全国1800市区町村のうち896。深刻な地域では、空き家増加などの問題も抱えている。

 しかし、こうした空き家や空き施設を活用して人口流出に歯止めをかけようと動き始めた自治体も多い。山形県の尾花沢市は、農家民宿だった空き家を利用し、今年3月末にシェアハウスに改築整備。現在2人の入居者を募集している(3人居住できるうち、1人は地域おこし協力隊が居住)。

「地元の人にビジネスなどのセミナーができるようにパソコンやプロジェクターなどを備えたスペースもあり、Wi─Fiも備えてあります。尾花沢市の名産であるスイカ農家の若い担い手だけでなく、6次産業としてIT関連などの起業家にも来ていただきたい。シェアハウスの家賃は3年間無料ですから、じっくり時間をかけて起業の準備をしてもらえればと思います」(市担当者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    米倉涼子「ドクターX」打ち切り説 医療モノ“本家”に何が

  2. 2

    白鵬が突然の方針転換…「年内引退」発言にダメ押したモノ

  3. 3

    テレ朝を救う? キムタク「BG」がドル箱「相棒」になる日

  4. 4

    「桜」名簿問題の責任転嫁に暗躍 菅長官の“懐刀”の名前

  5. 5

    「麒麟がくる」大コケ予想で三谷幸喜にすがるNHKの哀れ

  6. 6

    セコマ・丸谷社長 コンビニのビジネスモデルは終焉が近い

  7. 7

    嵐・櫻井の婚前旅行の報道にファンの反応が冷ややかなワケ

  8. 8

    松屋で大人気「シュクメルリ」とオリジナルカレーの今後

  9. 9

    超高速Vでも…青学・原監督「箱根駅伝お先真っ暗」の理由

  10. 10

    白鵬の言動「恥ずべきこと」と八角理事長 広報部長も喝!

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る