田舎暮らしに新たな可能性 「空き家シェアハウス」最前線

公開日:

 まもなくゴールデンウイーク。毎年田舎に帰ったり地方に旅行などで出かけたりしては、「こんなところで暮らしてみたいな」と思う人も少なくないだろう。都会暮らしに疲れ、田舎暮らしを夢見る社会人は今増えている。

 一方で、地方自治体は人口減少や都会への人口流出に頭を悩ませている。2040年までに消滅する可能性があるといわれている自治体は、現在、全国1800市区町村のうち896。深刻な地域では、空き家増加などの問題も抱えている。

 しかし、こうした空き家や空き施設を活用して人口流出に歯止めをかけようと動き始めた自治体も多い。山形県の尾花沢市は、農家民宿だった空き家を利用し、今年3月末にシェアハウスに改築整備。現在2人の入居者を募集している(3人居住できるうち、1人は地域おこし協力隊が居住)。

「地元の人にビジネスなどのセミナーができるようにパソコンやプロジェクターなどを備えたスペースもあり、Wi─Fiも備えてあります。尾花沢市の名産であるスイカ農家の若い担い手だけでなく、6次産業としてIT関連などの起業家にも来ていただきたい。シェアハウスの家賃は3年間無料ですから、じっくり時間をかけて起業の準備をしてもらえればと思います」(市担当者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  3. 3

    袴田吉彦と“アパ不倫”の真麻さん 新恋人との「結婚」激白

  4. 4

    元武富士ダンサーズ 大西裕貴子さんが明かす“CM撮影秘話”

  5. 5

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  6. 6

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  7. 7

    「人の税金で学校」麻生大臣また舌禍で安倍政権の公約破壊

  8. 8

    ネットに顔さらされた運転手はホリエモンを訴えられる?

  9. 9

    関根正裕×江上剛 総会屋事件対応した2人が語る今の銀行界

  10. 10

    たけし軍団で活躍 宮崎に移住した大森うたえもんさんは今

もっと見る