住みたい田舎1位 若者呼び寄せる「鳥取市」の魅力とは?

公開日: 更新日:

 9位から1位に大躍進――。鳥取市が「『住みたい田舎』ベストランキング」のトップに選ばれて話題になっている。

 全国500市町村から得た移住者に関するアンケートを基に宝島社が算出。「移住の相談窓口がある」「コンビニがある」など82項目を得点化した結果、総合部門で昨年9位だった鳥取市が1位に輝いた。同ランキングで県庁所在地が総合1位になったのは初めてだ。

 鳥取市は地元出身の幕内力士・石浦など有名人を起用して外部からの移住政策をPRしてきた。「すごい!鳥取市ワーホリ!」のタイトルで市内に数日間住んでみる“お試し移住”も実施している。鳥取市の何が魅力なのか。

「キーワードは『ストレスフリー』です」とは県外からの移住者だ。

「鳥取県が打ち出した方針で、ストレスを感じない地域づくりといった意味ですが、鳥取市はこれにピッタリです。鳥取空港からクルマで20分とアクセスの便が良く、市街地からクルマで20分走ると鳥取砂丘に着く。家族連れが多い浦富海岸は実にキレイです。夜は満天の星空を眺められるし、子供が森の中で遊べる幼稚園もある。永楽温泉は駅から徒歩で行ける距離と、とにかく環境に恵まれています。松葉ガニやノドグロなど魚介類が安くておいしいのも大きな魅力。ここでは時間がゆっくり過ぎ、ストレスから解放されたことを実感できます」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    山崎育三郎「エール」に出待ちファン なっちとの私生活は

  2. 2

    竹内結子さん急死に深まる“動機”のナゾ…前日は家族団らん

  3. 3

    芦名星さん、三浦春馬さん…俳優を追い込む韓国との類似点

  4. 4

    竹内結子さん突然の訃報で「産後うつだったのか?」の声

  5. 5

    ジャニーズ退所を加速させた「演出家・錦織一清」の名声

  6. 6

    芦名星さん突然の訃報に…“破局”の憶測と質素な暮らしぶり

  7. 7

    志村けんさん25話ぶり登場 山田耕筰と山根銀二の戦犯論争

  8. 8

    辞め時は「64歳11カ月」少しでもおトクな退職法をおさらい

  9. 9

    芦田愛菜の八面六臂の活躍で実感…子役の果ては女高男低

  10. 10

    山口達也逮捕の裏に“臨時収入”か TOKIO再結成は完全消滅

もっと見る