僧侶の残業代未払い お寺も3割が年収100万円切る格差社会

公開日:

 僧侶2人の「残業代未払い」問題には驚いた。どうやら仏教界も“格差社会”のようだ。

 問題になったのは、真宗大谷派本山の東本願寺(京都市下京区)。研修施設で働く男性僧侶2人に、残業代を支給していなかったという。2人はいずれも30代で非正規雇用だった。

「月15万2600~16万3000円」「通勤、住宅など各種手当」「午前8時半~午後5時」「週休2日」「土日祝日勤務あり」なんて条件で、全国から訪れる門徒の世話をする「補導」を務めていたが、業務が多い日には、午前8時半から翌日午後まで32時間以上働くこともあったという。まるでどこかのブラック企業みたいな話だ。

 2人は、外部の労働組合きょうとユニオンに加入して労使交渉を行い、真宗大谷派は4月までに未払いを認め、1人には2013年11月~今年3月分の335万円、もう1人には14年9月~今年3月分の321万円を支給。335万円と言っても41カ月分だから、月平均で約8万円だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  2. 2

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  3. 3

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  4. 4

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  5. 5

    広島対策は“丸投げ”? 巨人スタッフ会議で投打コーチ言及

  6. 6

    常盤貴子「グッドワイフ」上昇のカギは美魔女の輝きと気概

  7. 7

    ドラ1左腕も“被害者”か…岩隈加入で巨人若手が行き場失う

  8. 8

    主力組中心か…アジア杯サウジ戦の予想布陣に釜本氏が疑問

  9. 9

    高校ラグビー決勝戦で話題に 各地の「桐蔭」の由来は?

  10. 10

    巨人は先発6人以外“全員中継ぎ” 勝利の方程式を追加構想

もっと見る