僧侶の残業代未払い お寺も3割が年収100万円切る格差社会

公開日: 更新日:

 僧侶2人の「残業代未払い」問題には驚いた。どうやら仏教界も“格差社会”のようだ。

 問題になったのは、真宗大谷派本山の東本願寺(京都市下京区)。研修施設で働く男性僧侶2人に、残業代を支給していなかったという。2人はいずれも30代で非正規雇用だった。

「月15万2600~16万3000円」「通勤、住宅など各種手当」「午前8時半~午後5時」「週休2日」「土日祝日勤務あり」なんて条件で、全国から訪れる門徒の世話をする「補導」を務めていたが、業務が多い日には、午前8時半から翌日午後まで32時間以上働くこともあったという。まるでどこかのブラック企業みたいな話だ。

 2人は、外部の労働組合きょうとユニオンに加入して労使交渉を行い、真宗大谷派は4月までに未払いを認め、1人には2013年11月~今年3月分の335万円、もう1人には14年9月~今年3月分の321万円を支給。335万円と言っても41カ月分だから、月平均で約8万円だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    引退も覚悟? 小倉優香ラジオ降板テロの裏に年収1億円彼氏

  2. 2

    軽率さ変わらぬ石田純一 東尾理子に見放され離婚へ一直線

  3. 3

    昭恵夫人 居酒屋は小池号令厳守も“闇紳士”逮捕で疑惑再燃

  4. 4

    上沼恵美子「降板の全真相」現場は“辞めたる”を待っていた

  5. 5

    これはやりすぎ…夫の浮気現場でCA妻が取った驚きの行動

  6. 6

    台紙の上部には見えないのに下部にだけ広がる「斜線」の謎

  7. 7

    夫の定年後に妻の外出が増加 交際費と被服費が家計を圧迫

  8. 8

    海老蔵「ひどくないですか」コロナ補償直訴で松竹と確執か

  9. 9

    吉村知事の危うい“人体実験” うがい薬騒動に専門家も警鐘

  10. 10

    刑務官が巡回中に倒れ…自由になった受刑者が取った行動は

もっと見る