日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

家計調査で分かった 意外とお金のかかる街&かからない街

 先月発表された総務省統計局の家計調査(2013~15年平均)によると、全国の県庁所在地および政令指定52都市で、灯油代の出費が一番多かったのは青森市。9万9279円は、全国平均1万9070円の5倍だ。

「2位の札幌市と比べて商業施設や公共施設が少ないうえ、豪雪地帯ということで、融雪設備など、どうしても民間で使用する量が多くなります。また全国一銭湯が多いのも消費額を引き上げているのかもしれません」(青森市役所)

 一方、電気代を見ると、トップは福井市で15万6150円(全国平均は13万1747円)。

「北陸電力管内で言うと、一戸建ての持ち家率とオール電化住宅の割合が高く、1世帯当たりの居住人数が多いからだと思います」(福井市役所)

 意外だったのは上下水道料で、山形市の8万7048円が1位だった(全国平均6万1970円)。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事