家計調査で分かった 意外とお金のかかる街&かからない街

公開日:

 先月発表された総務省統計局の家計調査(2013~15年平均)によると、全国の県庁所在地および政令指定52都市で、灯油代の出費が一番多かったのは青森市。9万9279円は、全国平均1万9070円の5倍だ。

「2位の札幌市と比べて商業施設や公共施設が少ないうえ、豪雪地帯ということで、融雪設備など、どうしても民間で使用する量が多くなります。また全国一銭湯が多いのも消費額を引き上げているのかもしれません」(青森市役所)

 一方、電気代を見ると、トップは福井市で15万6150円(全国平均は13万1747円)。

「北陸電力管内で言うと、一戸建ての持ち家率とオール電化住宅の割合が高く、1世帯当たりの居住人数が多いからだと思います」(福井市役所)

 意外だったのは上下水道料で、山形市の8万7048円が1位だった(全国平均6万1970円)。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    ネットで知り合った男女の飼い猫が“ウリ二つ”だったワケ

  8. 8

    妻のがん治療のため売却した愛車が…17年後の家族愛の物語

  9. 9

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  10. 10

    34万「いいね!」 配達員が92歳女性に示した小さな親切

もっと見る