家計調査で分かった 意外とお金のかかる街&かからない街

公開日: 更新日:

 先月発表された総務省統計局の家計調査(2013~15年平均)によると、全国の県庁所在地および政令指定52都市で、灯油代の出費が一番多かったのは青森市。9万9279円は、全国平均1万9070円の5倍だ。

「2位の札幌市と比べて商業施設や公共施設が少ないうえ、豪雪地帯ということで、融雪設備など、どうしても民間で使用する量が多くなります。また全国一銭湯が多いのも消費額を引き上げているのかもしれません」(青森市役所)

 一方、電気代を見ると、トップは福井市で15万6150円(全国平均は13万1747円)。

「北陸電力管内で言うと、一戸建ての持ち家率とオール電化住宅の割合が高く、1世帯当たりの居住人数が多いからだと思います」(福井市役所)

 意外だったのは上下水道料で、山形市の8万7048円が1位だった(全国平均6万1970円)。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    甲子園ドラフト候補「行きたい球団」「行きたくない球団」

  2. 2

    韓国が切り札で反撃 安倍首相の嘘が招いた“東京五輪潰し”

  3. 3

    未浄化下水広がる“肥溜めトライアスロン”に選手は戦々恐々

  4. 4

    兵庫・明石商監督に聞いた データ分析のチーム強化の労苦

  5. 5

    舘ひろし氏「太平洋戦争はエリートが犯した失敗の宝庫」

  6. 6

    靖国参拝で改めて認識 進次郎氏の軽薄さとメディアの劣化

  7. 7

    北朝鮮ミサイル発射を傍観するトランプ大統領“本当の狙い”

  8. 8

    引きこもりだった大学生が「しょぼい喫茶店」を始めるまで

  9. 9

    令和元年も渦巻く欲望…夏の甲子園“ネット裏怪情報”

  10. 10

    セレブ子弟集まる青学初等部に残る“ボスママ戦争”の後遺症

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る