寒暖差が招く体調不良 GW直後が大切な「春バテ」撃退法

公開日: 更新日:

 今年のGWは豪華だった。4月29日(土)から5月7日(日)まで9連休を取った人もいるはずだ。

 レジャーを楽しむのはけっこうだが、心配なのが「春バテ」だ。この1週間、東京の気温は22~28度で平年の20度前後を上回った。急に暑くなると体温調節がうまくいかず、体調不良に陥りやすい。実際、ウーマンウェルネス研究会が20~50代の男女に実施した調査では、3~5月に体調不良を感じた人は90.5%。「イライラする」(54%)、「憂鬱感」(50%)、「昼間眠い」(57%)といった症状の人が多かった。

 医学博士の米山公啓氏によると、春は環境の変化などで緊張するため交感神経が活発化する。これが連休などでリラックスして副交感神経が優位になると、反動のように疲れが出るという。

「副交感神経が活発化すると免疫力が落ちて風邪をひきやすくなったりします。逆に交感神経の緊張が続くとイライラや頭痛の症状が出る。脳内のセロトニンが減り、うつになることも。急激な気温上昇がこうした自律神経の不調に拍車を掛け、体がだるくなったりするのです」(米山公啓氏)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    米倉涼子「ドクターX」打ち切り説 医療モノ“本家”に何が

  2. 2

    白鵬が突然の方針転換…「年内引退」発言にダメ押したモノ

  3. 3

    「桜」名簿問題の責任転嫁に暗躍 菅長官の“懐刀”の名前

  4. 4

    テレ朝を救う? キムタク「BG」がドル箱「相棒」になる日

  5. 5

    セコマ・丸谷社長 コンビニのビジネスモデルは終焉が近い

  6. 6

    嵐・櫻井の婚前旅行の報道にファンの反応が冷ややかなワケ

  7. 7

    松屋で大人気「シュクメルリ」とオリジナルカレーの今後

  8. 8

    超高速Vでも…青学・原監督「箱根駅伝お先真っ暗」の理由

  9. 9

    「麒麟がくる」大コケ予想で三谷幸喜にすがるNHKの哀れ

  10. 10

    白鵬の言動「恥ずべきこと」と八角理事長 広報部長も喝!

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る