• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

北欧発祥のタッチケア 帰宅願望がなくなり徘徊行動が減る

触れるとオキシトシンが出る(提供写真)

 スウェーデン発祥のタッチケア「タクティールケア」が、介護現場で普及しつつある。日本で正式にスタートして10年程度にもかかわらず、医療職、介護職に携わる人々からの支持は高い。体験セミナーの参加者数は累計で5万人、講座の受講者は1万人を超えた(2014年度末時点)。その理由は――。…

この記事は会員限定です。日刊ゲンダイDIGITALに会員登録すると続きをお読みいただけます。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事