理容米倉(銀座) 散髪が終わると「はい。特券!」

公開日: 更新日:
「山口さんには40年間くらいずっと来ていただいていました」(米倉社長)/(C)日刊ゲンダイ

 山口は30代半ばから頭頂部が禿げてきた。当時勤めていたサントリーの役員に「カッパみたいやね」とからかわれたりしたそうだ。だからこそというべきなのだろう、山口は髪形には気を使っていた。散髪にお金をかけていた。銀座の「理容米倉」に少なくとも月1のペースで通う常連だった。

この記事は会員限定です。
日刊ゲンダイDIGITALに会員登録すると続きをお読みいただけます。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    南野陽子再ブレーク!「半沢直樹」で狙いのねっとり関西弁

  2. 2

    安倍首相の体調不良説に拍車 高級ジム滞在「3時間半」の裏

  3. 3

    コソコソ逃げる安倍首相は、なぜそんなに会見が嫌なのか?

  4. 4

    半沢直樹を下支えする肝っ玉母 菅野美穂と上戸彩の共通点

  5. 5

    「重症者数少ない」の落とし穴 4月緊急事態宣言前より深刻

  6. 6

    「半沢直樹」新ステージは“vs東京乾電池”柄本明より注目は

  7. 7

    キムタク長女が破局 ハンパが許せなかった工藤静香の怒り

  8. 8

    山下智久 現役JKお持ち帰り報道で忍び寄る“最悪シナリオ”

  9. 9

    サザンも山下達郎も参戦 大盛況オンラインライブの銭勘定

  10. 10

    甲子園交流戦は情実てんこ盛り 全生中継するNHKへの疑問

もっと見る