終活カウンセラーが指摘 「家族の葬儀」に3つのポイント

公開日: 更新日:

 年末年始に帰省した際に、父母の老いを実感した人は多いだろう。人生の終わりはいつ訪れるかわからないし、年長者から順番とも限らない。事故や病気で、もし妻との別れがきたら……。「家族が死ぬまでにするべきこと」の著者で終活カウンセラーの斉藤弘子さんに聞いた。

「(ご主人は)とても厳しい状況です。この薬が効かなければ、治療の手だてはありません」

 斉藤さんは2014年10月中旬、夫の主治医からそう告げられた。夫は10月1日に肺炎治療の経過観察で外来で診察を受けたが、その場で入院。それからわずか2週間後のこと。入院するほんの数日前まで普通に散歩をするほど元気だったので、まったく想像もしていないことだった。

 幸いなことに最後の薬が効いた。しかし、体重が激減し、完治することはなく、入院から半年後の2015年4月8日、息を引き取った。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    メジャー野球もチクリと イチロー引退会見で露呈した本音

  2. 2

    事実上のクビ…イチロー現役引退の裏にマリナーズとの暗闘

  3. 3

    新元号の有力候補やはり「安」が? すでに皇太子に提示か

  4. 4

    作家・吉川潮氏が分析 イチロー引退会見で感じた“不快感”

  5. 5

    指導者に興味なしイチローにオリックス「オーナー」就任案

  6. 6

    北海道知事選で“客寄せ” 進次郎議員の露骨な「争点隠し」

  7. 7

    安倍首相「内定率は過去最高」はいいトコ取りの目くらまし

  8. 8

    広瀬すず「母性ダダ漏れ」と意欲…朝ドラ“初母親”への心配

  9. 9

    巨人“脆弱な救援陣”で開幕へ…昨季二の舞へ致命的とOB指摘

  10. 10

    V候補の星稜は…センバツ初戦「勝つ高校」と「散る高校」

もっと見る