• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

終活カウンセラーが指摘 「家族の葬儀」に3つのポイント

 年末年始に帰省した際に、父母の老いを実感した人は多いだろう。人生の終わりはいつ訪れるかわからないし、年長者から順番とも限らない。事故や病気で、もし妻との別れがきたら……。「家族が死ぬまでにするべきこと」の著者で終活カウンセラーの斉藤弘子さんに聞いた。

「(ご主人は)とても厳しい状況です。この薬が効かなければ、治療の手だてはありません」

 斉藤さんは2014年10月中旬、夫の主治医からそう告げられた。夫は10月1日に肺炎治療の経過観察で外来で診察を受けたが、その場で入院。それからわずか2週間後のこと。入院するほんの数日前まで普通に散歩をするほど元気だったので、まったく想像もしていないことだった。

 幸いなことに最後の薬が効いた。しかし、体重が激減し、完治することはなく、入院から半年後の2015年4月8日、息を引き取った。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  2. 2

    英紙も警告 2020年の東京五輪は“殺人オリンピック”になる

  3. 3

    豪雨初動遅れも反省なし…安倍政権が強弁するウソと言い訳

  4. 4

    否定会見で墓穴 古屋圭司議員の“裏金”疑惑ますます深まる

  5. 5

    ZOZO社長とW杯決勝観戦 剛力彩芽“はじけっぷり”に心配の声

  6. 6

    検察は動くか アベトモ古屋議員に裏金疑惑が浮上 

  7. 7

    主砲にも日本語でタメ口 エンゼルス大谷「英語力」の謎

  8. 8

    “苦戦の戦犯”は金本監督 阪神の凡ミス多発は意識の低さ

  9. 9

    助っ人はベンチに 阪神・金本監督はロサリオが嫌いなのか

  10. 10

    9月の過密日程より心配 阪神が抱える“ロサリオ・大山問題”

もっと見る