終活カウンセラーが指摘 「家族の葬儀」に3つのポイント

公開日:  更新日:

 年末年始に帰省した際に、父母の老いを実感した人は多いだろう。人生の終わりはいつ訪れるかわからないし、年長者から順番とも限らない。事故や病気で、もし妻との別れがきたら……。「家族が死ぬまでにするべきこと」の著者で終活カウンセラーの斉藤弘子さんに聞いた。

「(ご主人は)とても厳しい状況です。この薬が効かなければ、治療の手だてはありません」

 斉藤さんは2014年10月中旬、夫の主治医からそう告げられた。夫は10月1日に肺炎治療の経過観察で外来で診察を受けたが、その場で入院。それからわずか2週間後のこと。入院するほんの数日前まで普通に散歩をするほど元気だったので、まったく想像もしていないことだった。

 幸いなことに最後の薬が効いた。しかし、体重が激減し、完治することはなく、入院から半年後の2015年4月8日、息を引き取った。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  2. 2

    水道法改正の裏で…民間業者「水を止める」と住民“脅迫”

  3. 3

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  4. 4

    「第2の貴ノ岩」の懸念も…貴乃花が置いていった7人の地雷

  5. 5

    偶然なのか…「不適切入試」の医学部はなぜかブラック病院

  6. 6

    今度は雑誌がバカ売れ…女性の圧倒的支持を得た白石麻衣

  7. 7

    4K&8Kテレビの選び方は…両方導入したプロが基礎を解説

  8. 8

    家庭内でも孤立…貴乃花が妻と弟子にした“正座説教”1時間

  9. 9

    専門家が指摘…あおり運転は善良なドライバーもやっている

  10. 10

    上沼恵美子で騒ぐ連中の勉強不足…便乗TVもどうかしている

もっと見る