【アユのコンフィ】待つこと6時間 手間は塩を振るだけ

公開日:  更新日:

関山米穀店(神田)

 関山さんが出してくれた時は驚いた。とても素人にはできない料理に見えたからだ。作り方を聞いて、もう一度驚いた。すごく簡単だからだ。

 新鮮なアユを買ってきたら塩の中にべったり漬ける。30分間放置。水で洗って水気を切ったら、ニンニクや香草を入れたオリーブオイルの鍋に放り込むだけ。

「80度で6時間くらいですかね。IHヒーターがあれば、かけっぱなしで楽ですよ」

 6時間は長いが、何もしないのだから、飲んでいればいい。暇な土日の午後に仕込んでもいい。できたら冷まして冷蔵庫へ。これでかなり保存できる。なにしろ、塩漬け、オイル漬けになっているからだ。食べたい時に取り出してオーブントースターで加熱する。表面をカリッとさせる。それでオシマイ。さて、味は――おそらく、全員がうなるだろう。素人の域を超えている。

「ちょっと手間暇かかりますが、キュウリのソースが合います。塩揉みキュウリを20分放置して、搾った後、中華スープ(あさりのダシがあればベスト)、ビネガー、オイル、エシャロットを混ぜてミキサーに。アユが手に入らなかったら、ヤマメやイワシでもいいだろうけど、やっぱり、季節のものですよね」

 作れば、尊敬されること間違いなし!

【レシピ】
アユ1匹
オリーブオイル2.5カップ
ニンニク1片
ローリエ2枚
タイム2本

(1)アユはぬめりを洗い、ペーパーでよく拭き、塩をたっぷりつけて30分間放置
(2)水洗いして、香辛料を入れた油に入れて、80度で6時間加熱。90度で5時間でもいい

今日の達人 関山真平さん

▽せきやま・しんぺい
 いまや、予約が取れない名店として有名な関山米穀店のオーナーシェフ。米屋みたいな名前だが、ワインを飲ませる名店だ。店は10人くらいでいっぱいになる。カウンターの中はオープンキッチン。そこで1人で腕を振るう。鮮やかな手つきと手際の良さは見ているだけで楽しくなる。

▼関山米穀店
 祖父から続いた米屋を関山さんがレストランに。東京都千代田区神田小川町3―9 ℡03・5244・5446

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  2. 2

    巨人が岩隈獲得も…“救世主”とアテにできない致命的欠陥

  3. 3

    ロシア専門家が警鐘「北方領土問題進展は日本側の幻想」

  4. 4

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  5. 5

    清原の二の舞か…“Vの使者”丸を待つ巨人移籍1年目の大重圧

  6. 6

    火野正平との醜聞が話題に 元祖バラドル小鹿みきさんは今

  7. 7

    FA丸を筆頭に総額50億円大補強…巨人最大の問題はリリーフ

  8. 8

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  9. 9

    FA炭谷加入で…G小林“正捕手剥奪”で年俸6000万円飼い殺し

  10. 10

    魔性の女が復活…「あな渡」は“荻野目慶子劇場”と化した

もっと見る