年間177億円…現金の落し物はどうやって本人確認するの?

公開日:

 全国で1年間に落とし物として警察に届けられる「現金」はいくらか。正解は約177億円(平成28年中)。裸か封筒に入った現金のみで、財布の中身は含まれていない。この春に報道された米トランプ大統領の05年の年収に匹敵する金額だ。そんなに落とすカネがどこにあるのか不思議だが、気になるのは本人確認の方法。札に名前が書いてあるわけではない。どうやって名乗り主が持ち主と確認するのか。

 警察庁の広報担当者が言う。

「現金、物品にかかわらず、物件の種類や特徴、遺失した日時、場所等を聴き、拾得したものと照合して、本人かどうか確定します」

 現金の場合、金額も重要だが、1円単位で合わなければダメというわけではない。より重要なのは状況証拠の積み重ねらしい。

 そういわれてみると、財布を落として交番に届けると、財布の色や材質、メーカー、入っていた金額やキャッシュカード・クレジットカードの会社名と枚数などとにかく細かく聴取される。それが1000万円単位ならなおさらだろう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    原監督は喜色満面だったが…FA丸獲得で巨人が買った“火種”

  2. 2

    二階幹事長“重病説”で急浮上「後任本命に竹下亘氏」の狙い

  3. 3

    ゴーン起訴・再逮捕がトドメ…拍車がかかる特捜部解体論

  4. 4

    安倍首相の“言葉遊び”を超えた詐欺師の手法はいずれバレる

  5. 5

    好きな女子アナに異変…弘中綾香&宇垣美里が好かれるワケ

  6. 6

    まさか飲酒? 深夜の議員宿舎で維新の議員がド派手な事故

  7. 7

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  8. 8

    SNS全盛時代に学ぶ 明石家さんまの金言「丸裸にならない」

  9. 9

    丸の“広島エキス”が原監督の狙い G若手を待つ地獄の練習量

  10. 10

    キミを守れなかった…金本擁護から逃げた坂井信也オーナー

もっと見る