年間177億円…現金の落し物はどうやって本人確認するの?

公開日:

 全国で1年間に落とし物として警察に届けられる「現金」はいくらか。正解は約177億円(平成28年中)。裸か封筒に入った現金のみで、財布の中身は含まれていない。この春に報道された米トランプ大統領の05年の年収に匹敵する金額だ。そんなに落とすカネがどこにあるのか不思議だが、気になるのは本人確認の方法。札に名前が書いてあるわけではない。どうやって名乗り主が持ち主と確認するのか。

 警察庁の広報担当者が言う。

「現金、物品にかかわらず、物件の種類や特徴、遺失した日時、場所等を聴き、拾得したものと照合して、本人かどうか確定します」

 現金の場合、金額も重要だが、1円単位で合わなければダメというわけではない。より重要なのは状況証拠の積み重ねらしい。

 そういわれてみると、財布を落として交番に届けると、財布の色や材質、メーカー、入っていた金額やキャッシュカード・クレジットカードの会社名と枚数などとにかく細かく聴取される。それが1000万円単位ならなおさらだろう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    唯一トラックマン未導入でも…勝てる広島の「データ戦略」

  8. 8

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  9. 9

    巨人が4年連続V逸…広島をマネしたくてもできない断末魔

  10. 10

    赤っ恥最下位で阪神OBが提言「大山を4番三塁に固定して」

もっと見る