帽子のかぶり方に隠された ビールの売り子のビジネス戦略

公開日:

 ビールがウマい季節。仕事帰り、ビアガーデン代わりに球場に繰り出す人もいるだろう。

 売り子から芸能界入りした、おのののか(25)みたいなカワイコちゃんを見てふと気づいた。彼女たちの帽子のかぶり方だ。帽子はほとんどかぶっていないのだ。後ろ半分を前方に折り込んで、ピンで髪に留めている。いつからこんなかぶり方になったのだろうか。

 球場の売り子やビールメーカーの担当者らの話を総合すると、どうやら20年くらい前からこのかぶり方が出てきて、じわじわと定着してきたらしい。帽子を深くかぶると、顔が隠れてお客さんに見えにくい。また、スッポリかぶると髪形が崩れるのも女子には敬遠されたようだ。

 2005年ごろには、花などの小物を着ける子も現れたという。たくさんの客へのアピールだ。それで気に入ってもらえたら、売り上げがアップするかもしれない。そういえば売り子時代のおのののかはピーク時、1日3時間で400杯を売りさばいて、週3回で月収30万円を誇ったとされる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権に財界ソッポ 目玉の「原発輸出」日立凍結で全滅

  2. 2

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  3. 3

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  4. 4

    嫌われクロちゃんが一転…キャバ嬢に大人気の意外な理由

  5. 5

    動くとビキニが…水原希子“透け映えコーデ”に会場クギづけ

  6. 6

    石崎ひゅーいとは破局か “共演者キラー”蒼井優の次の相手

  7. 7

    NHK紅白なのに“特別枠”ばかり 平成最後はご都合主義の極み

  8. 8

    伊集院静氏が指摘 今の65歳から80歳が日本をダメにした

  9. 9

    「THE W」優勝 阿佐ヶ谷姉妹より受けていたのは滝沢カレン

  10. 10

    辺野古土砂投入…沖縄は人でなし首相と縁を切った方がいい

もっと見る