• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

帽子のかぶり方に隠された ビールの売り子のビジネス戦略

 ビールがウマい季節。仕事帰り、ビアガーデン代わりに球場に繰り出す人もいるだろう。

 売り子から芸能界入りした、おのののか(25)みたいなカワイコちゃんを見てふと気づいた。彼女たちの帽子のかぶり方だ。帽子はほとんどかぶっていないのだ。後ろ半分を前方に折り込んで、ピンで髪に留めている。いつからこんなかぶり方になったのだろうか。

 球場の売り子やビールメーカーの担当者らの話を総合すると、どうやら20年くらい前からこのかぶり方が出てきて、じわじわと定着してきたらしい。帽子を深くかぶると、顔が隠れてお客さんに見えにくい。また、スッポリかぶると髪形が崩れるのも女子には敬遠されたようだ。

 2005年ごろには、花などの小物を着ける子も現れたという。たくさんの客へのアピールだ。それで気に入ってもらえたら、売り上げがアップするかもしれない。そういえば売り子時代のおのののかはピーク時、1日3時間で400杯を売りさばいて、週3回で月収30万円を誇ったとされる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    県警・消防は380人動員 なぜ理稀ちゃんを発見できなかった

  2. 2

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  3. 3

    もし破局したら…“恋愛露出狂”剛力&前澤社長の未来予想図

  4. 4

    まるで大使館…剛力彩芽&前澤社長の“100億円豪邸”を発見

  5. 5

    総裁選で論戦拒否…安倍首相が打って出た「逃げ恥」作戦

  6. 6

    ドラ1候補社会人も“直メジャー”…日本球界はなぜ嫌われる

  7. 7

    まるで炎上商法 “超人ショー”と化した24時間TVの存在価値

  8. 8

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  9. 9

    国連が原発作業員の被ばく危惧も…安倍政権またもガン無視

  10. 10

    巨人・重信の台頭で…“FAの目玉”広島・丸の獲得に影響も

もっと見る