各界の歴史で判明 なぜ天才は14歳で快挙を達成するのか

公開日:  更新日:

 藤井聡太四段の最多連勝記録には驚くばかりだが、“14歳の快挙”は決して珍しいことではない。

「今まで生きてきた中で一番幸せ」とうれしさを爆発させたのは、岩崎恭子。1992年のバルセロナ五輪女子200メートル平泳ぎで金メダルを手にしたのは14歳だった。

 女子フィギュアスケートで数々の記録を塗り替えた浅田真央は14歳70日で国際大会でのトリプルアクセルに成功。昨年、紀平梨花に4日更新されるまでの最年少記録だ。

 張本智和が史上最年少で世界卓球の男子シングルス準々決勝に進んだのは、14歳のバースデーを24日後に控えたときだった。なぜ14歳の誕生日前後に快挙が相次ぐのか。

「いわゆる“天才脳”が関係しているからでしょう」と言うのは、医学博士の米山公啓氏。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  2. 2

    外国人技能実習生「怪死」にチラつく“反社会的勢力”の影

  3. 3

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  4. 4

    難役を次々好演…林遣都は主役を光らせる最高の助演男優

  5. 5

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  6. 6

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  7. 7

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  8. 8

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

  9. 9

    “坂道”相手に写真集健闘 石田ゆり子は「寄る年波」も武器

  10. 10

    セクゾ松島もパニック障害…ジャニーズで病欠が相次ぐワケ

もっと見る