いつから? エレベーター内会話「マナー違反」までの背景

公開日:

 オフィスビルのエレベーターで「会話は控えましょう」という張り紙をよく見かける。しかし、エレベーター内でのちょっとした会話が、人間関係を円滑にすることもあるだろう。いつからマナー違反になったのか?

「米国では、『エレベータートーク』という言葉があるように、ビジネステクニックの一つとされています。日本もそれに倣っているのですが、マナーの本場である英国ではちょっと事情が違うのです」

 こう言うのは、マナー講師の西出ひろ子氏だ。西出氏が続ける。

「英国では、エレベーター内を公共の場と考え、会話をしないのが基本。エレベーター内にはいろいろな人がいて、周りの会話を不快に思う人がいるかもしれないので、静かにしておいた方が無難という考え方です」

 もちろん、「こんにちは」程度の挨拶はオッケーで、周りに誰もいなければ会話をしてもいい。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  3. 3

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  4. 4

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  5. 5

    前のめり安倍首相に露が食わす「条文作成」の毒まんじゅう

  6. 6

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  7. 7

    専門医は「説明不能」…米11歳少女の悪性脳腫瘍が消えた!

  8. 8

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  9. 9

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  10. 10

    安倍首相の「フェイク発言」を追及しない本土のマスコミ

もっと見る