いつから? エレベーター内会話「マナー違反」までの背景

公開日:

 オフィスビルのエレベーターで「会話は控えましょう」という張り紙をよく見かける。しかし、エレベーター内でのちょっとした会話が、人間関係を円滑にすることもあるだろう。いつからマナー違反になったのか?

「米国では、『エレベータートーク』という言葉があるように、ビジネステクニックの一つとされています。日本もそれに倣っているのですが、マナーの本場である英国ではちょっと事情が違うのです」

 こう言うのは、マナー講師の西出ひろ子氏だ。西出氏が続ける。

「英国では、エレベーター内を公共の場と考え、会話をしないのが基本。エレベーター内にはいろいろな人がいて、周りの会話を不快に思う人がいるかもしれないので、静かにしておいた方が無難という考え方です」

 もちろん、「こんにちは」程度の挨拶はオッケーで、周りに誰もいなければ会話をしてもいい。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  3. 3

    袴田吉彦と“アパ不倫”の真麻さん 新恋人との「結婚」激白

  4. 4

    元武富士ダンサーズ 大西裕貴子さんが明かす“CM撮影秘話”

  5. 5

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  6. 6

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  7. 7

    「人の税金で学校」麻生大臣また舌禍で安倍政権の公約破壊

  8. 8

    ネットに顔さらされた運転手はホリエモンを訴えられる?

  9. 9

    関根正裕×江上剛 総会屋事件対応した2人が語る今の銀行界

  10. 10

    たけし軍団で活躍 宮崎に移住した大森うたえもんさんは今

もっと見る