• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

殻つきなのになぜ卵に味がつく セブン-イレブンに聞いた

 スーパーやコンビニなどで売られている味つきゆで卵は、ランチのもう一品や酒のつまみに重宝する。記者も好物で、ある日、殻をむきながら食べていて、ふと気づいた。

「殻がついているのに、なぜ味がついているのか?」

 ラーメン屋の煮卵なら疑問はない。殻をむいた卵を調味液に漬けて味つけしているから。しかし、スーパーやコンビニの商品には、殻がついたままなのに、味つきがあるのだ。ニワトリに塩分の濃いエサでも食べさせているのか?

 コンビニ最大手のセブン―イレブンに聞いた。同社の「味付き半熟ゆでたまご」は、15年前から続くロングセラー。コンビニ初の味つきゆで卵商品だ。

「殻つきでも中身まで味がつく原理は簡単です。実は、卵の殻には目に見えない小さな穴が数千個も開いています。ゆでたての卵を熱いうちに、冷たい飽和食塩水に漬け込むと、浸透圧によってその穴から塩気が入り、味がつくのです」(同社広報担当者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  2. 2

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  3. 3

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  4. 4

    衝撃の発毛剤CM 草彅剛の“捨て身っぷり”が称賛されるワケ

  5. 5

    被災地で黙々とボランティア活動 吉川晃司の“気骨と矜持”

  6. 6

    3年ぶり減益予想 企業業績の悪化がアベノミクスのトドメに

  7. 7

    木更津総合・五島監督に聞く ドラフト候補が進学する理由

  8. 8

    山根明氏が天覧試合で解説…写真の存在に文科省が戦々恐々

  9. 9

    石破氏の「公平な行政」パクリ…安倍首相の姑息な争点潰し

  10. 10

    憧れの安室も絶賛 イモトアヤコは「イエスマン」報われた

もっと見る