殻つきなのになぜ卵に味がつく セブン-イレブンに聞いた

公開日:

 スーパーやコンビニなどで売られている味つきゆで卵は、ランチのもう一品や酒のつまみに重宝する。記者も好物で、ある日、殻をむきながら食べていて、ふと気づいた。

「殻がついているのに、なぜ味がついているのか?」

 ラーメン屋の煮卵なら疑問はない。殻をむいた卵を調味液に漬けて味つけしているから。しかし、スーパーやコンビニの商品には、殻がついたままなのに、味つきがあるのだ。ニワトリに塩分の濃いエサでも食べさせているのか?

 コンビニ最大手のセブン―イレブンに聞いた。同社の「味付き半熟ゆでたまご」は、15年前から続くロングセラー。コンビニ初の味つきゆで卵商品だ。

「殻つきでも中身まで味がつく原理は簡単です。実は、卵の殻には目に見えない小さな穴が数千個も開いています。ゆでたての卵を熱いうちに、冷たい飽和食塩水に漬け込むと、浸透圧によってその穴から塩気が入り、味がつくのです」(同社広報担当者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  2. 2

    30歳でNHK朝ドラ主演 戸田恵梨香ついに“後輩”に追いついた

  3. 3

    ソフトバンクを襲った“3重苦” 上場延期説が市場を駆け巡る

  4. 4

    実力は和牛でも…霜降り明星「M-1優勝」のメンタルを分析

  5. 5

    暴言騒動の久保田&武智…“じゃない方”はブレークの好機か

  6. 6

    上沼恵美子に暴言 スーマラ武智「更年期」の致命的無理解

  7. 7

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  8. 8

    FA浅村に続き西も ソフトB「連敗」の裏に細かすぎる査定

  9. 9

    市場が警戒する「危ない21社」 GC注記は半年前から2社増

  10. 10

    則本、美馬、銀次…FA浅村獲得も楽天に迫る“流出ラッシュ”

もっと見る