• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

青短よ、おまえもか…ブランド校の募集停止は時代の変化

 青山学院女子短大は通称「青短」と呼ばれ、オシャレな美女が集まるセレブ大学のイメージが強い。その青短が2019年度から学生募集を停止すると発表して話題になっている。

 同短大は英文科や国文科など6学科あったが、現在は現代教養学科と子ども学科の2学科のみ。ピークの90年は定員950人に対して入学志願者が8535人と約9倍の競争率を誇ったが、17年度は定員580に対して1930人と3・3倍だった。

「定員割れはしていませんが、18歳の人口が減っている上に女性の4年制大学志向が強まっているいるため、数年の検討を経て今回の決定となりました」(同短大入試広報課)

 女子短大の中で高級ブランドともいえる青短がなくなるとはちょっと寂しい気もするが、これも時代の趨勢だ。「大学通信」の安田賢治常務によると、有名大学の短大が4年制に統合されるのが最近の傾向という。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    関西圏から勧誘 花咲徳栄の岩井監督に聞く「選手集め」

  2. 2

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  3. 3

    12年を経て…リア・ディゾンが明かした「黒船」の重圧と今

  4. 4

    秋田・金足農の中泉監督が語る 球児の体力と練習の今昔

  5. 5

    国会議員は7割支持でも…安倍首相を襲う「地方票」の乱

  6. 6

    異例の事態 「翁長知事死去」海外メディア続々報道のワケ

  7. 7

    広島・丸と西武・浅村めぐり…巨・神でFA補強争奪戦が勃発

  8. 8

    スピード婚と長すぎる春 結婚生活が長持ちするのはどっち

  9. 9

    スパイ容疑で拘束 北朝鮮に通った39歳日本人男性の行状

  10. 10

    ちばてつや氏「権力者にを堂々とものを言える国であって」

もっと見る