青短よ、おまえもか…ブランド校の募集停止は時代の変化

公開日: 更新日:

 青山学院女子短大は通称「青短」と呼ばれ、オシャレな美女が集まるセレブ大学のイメージが強い。その青短が2019年度から学生募集を停止すると発表して話題になっている。

 同短大は英文科や国文科など6学科あったが、現在は現代教養学科と子ども学科の2学科のみ。ピークの90年は定員950人に対して入学志願者が8535人と約9倍の競争率を誇ったが、17年度は定員580に対して1930人と3・3倍だった。

「定員割れはしていませんが、18歳の人口が減っている上に女性の4年制大学志向が強まっているいるため、数年の検討を経て今回の決定となりました」(同短大入試広報課)

 女子短大の中で高級ブランドともいえる青短がなくなるとはちょっと寂しい気もするが、これも時代の趨勢だ。「大学通信」の安田賢治常務によると、有名大学の短大が4年制に統合されるのが最近の傾向という。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    メジャー野球もチクリと イチロー引退会見で露呈した本音

  2. 2

    事実上のクビ…イチロー現役引退の裏にマリナーズとの暗闘

  3. 3

    竹田JOC会長が仏当局の聴取に「黒塗り」報告書提出のア然

  4. 4

    公私混同で失脚の舛添前都知事 野党で国政復帰の仰天情報

  5. 5

    永野芽郁と本田翼が急伸 2019年"CM女王争い"に異変の兆し

  6. 6

    作家・吉川潮氏が分析 イチロー引退会見で感じた“不快感”

  7. 7

    安倍首相が“偽装”の施政方針演説 英訳でも錯覚工作の傲慢

  8. 8

    エリカ様は張り込み班に「なに撮ってんだよばかやろう!」

  9. 9

    テレ朝でニュース番組司会 中居正広“当面残留”の将来設計

  10. 10

    指導者に興味なしイチローにオリックス「オーナー」就任案

もっと見る