青短よ、おまえもか…ブランド校の募集停止は時代の変化

公開日:

 青山学院女子短大は通称「青短」と呼ばれ、オシャレな美女が集まるセレブ大学のイメージが強い。その青短が2019年度から学生募集を停止すると発表して話題になっている。

 同短大は英文科や国文科など6学科あったが、現在は現代教養学科と子ども学科の2学科のみ。ピークの90年は定員950人に対して入学志願者が8535人と約9倍の競争率を誇ったが、17年度は定員580に対して1930人と3・3倍だった。

「定員割れはしていませんが、18歳の人口が減っている上に女性の4年制大学志向が強まっているいるため、数年の検討を経て今回の決定となりました」(同短大入試広報課)

 女子短大の中で高級ブランドともいえる青短がなくなるとはちょっと寂しい気もするが、これも時代の趨勢だ。「大学通信」の安田賢治常務によると、有名大学の短大が4年制に統合されるのが最近の傾向という。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  3. 3

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  4. 4

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  5. 5

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  6. 6

    2年契約満了で去就は 中日ビシエド水面下で“静かなる銭闘”

  7. 7

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  8. 8

    プーチンに後から反論…安倍首相“フェイク発言”の苦し紛れ

  9. 9

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  10. 10

    虎最下位で金本続投白紙…後任に掛布・岡田という“断末魔”

もっと見る