• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

中高とも倍率3倍超 清宮在学の早実はどれだけ難関なのか

 早稲田実業は、初等部から中等部・高等部までの一貫教育。初等部の“寄付金騒動”で評価を落としたものの、中等部と高等部の人気は安定している。

「ほぼ全員、早稲田大学への進学が可能ですから、早大志望のトップ層が集まります。『清宮くんを甲子園で応援したい』という“ミーハー組”はまず受かりません。中等部や高等部の受験倍率の変動がないのは記念受験が少ないからです」(大学通信ゼネラルマネジャーの安田賢治氏)

 別表(大学通信調べ)を見ると、倍率は中高ともに3倍を超える。

「偏差値(男女)は中学受験が64~69程度、高校は66以上ある。たとえば高校受験の倍率は、一般的な難関校でもせいぜい2倍。早実はそれを上回る3倍ですから、一定水準をクリアしたトップグループの争いです」(安田教育研究所の安田理代表)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キーマンは“任侠”代表 急浮上する山口組3派再統合話の行方

  2. 2

    黒田総裁は“白旗”か…ついに日銀が「株を買うのをやめた」

  3. 3

    総裁選の争点に 石破氏の秘策は「加計問題」と「脱原発」

  4. 4

    今年も唯一ゴルフ不参加…福田元首相はやっぱり“アベ嫌い”

  5. 5

    地元は必死に寄付金集め 金足農“想定外”快進撃の舞台側

  6. 6

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  7. 7

    イメージダウン必至の日本大学 新入生の半数は付属から

  8. 8

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  9. 9

    二軍で“塩漬け”の巨人ゲレーロ 古巣中日勢に漏らした本音

  10. 10

    翁長氏が後継指名 玉城氏出馬でどうなる沖縄知事選の行方

もっと見る