中高とも倍率3倍超 清宮在学の早実はどれだけ難関なのか

公開日:

 早稲田実業は、初等部から中等部・高等部までの一貫教育。初等部の“寄付金騒動”で評価を落としたものの、中等部と高等部の人気は安定している。

「ほぼ全員、早稲田大学への進学が可能ですから、早大志望のトップ層が集まります。『清宮くんを甲子園で応援したい』という“ミーハー組”はまず受かりません。中等部や高等部の受験倍率の変動がないのは記念受験が少ないからです」(大学通信ゼネラルマネジャーの安田賢治氏)

 別表(大学通信調べ)を見ると、倍率は中高ともに3倍を超える。

「偏差値(男女)は中学受験が64~69程度、高校は66以上ある。たとえば高校受験の倍率は、一般的な難関校でもせいぜい2倍。早実はそれを上回る3倍ですから、一定水準をクリアしたトップグループの争いです」(安田教育研究所の安田理代表)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    唯一トラックマン未導入でも…勝てる広島の「データ戦略」

  8. 8

    巨人が4年連続V逸…広島をマネしたくてもできない断末魔

  9. 9

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  10. 10

    データ分析室も機能せず…巨人に“天敵投手”続々の真犯人

もっと見る