中高とも倍率3倍超 清宮在学の早実はどれだけ難関なのか

公開日: 更新日:

 早稲田実業は、初等部から中等部・高等部までの一貫教育。初等部の“寄付金騒動”で評価を落としたものの、中等部と高等部の人気は安定している。

「ほぼ全員、早稲田大学への進学が可能ですから、早大志望のトップ層が集まります。『清宮くんを甲子園で応援したい』という“ミーハー組”はまず受かりません。中等部や高等部の受験倍率の変動がないのは記念受験が少ないからです」(大学通信ゼネラルマネジャーの安田賢治氏)

 別表(大学通信調べ)を見ると、倍率は中高ともに3倍を超える。

「偏差値(男女)は中学受験が64~69程度、高校は66以上ある。たとえば高校受験の倍率は、一般的な難関校でもせいぜい2倍。早実はそれを上回る3倍ですから、一定水準をクリアしたトップグループの争いです」(安田教育研究所の安田理代表)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    主演映画が大コケ…高橋一生は「東京独身男子」で見納めか

  2. 2

    博多大吉とデート報道 赤江珠緒が気を揉む"あの男"の存在

  3. 3

    好調"月9"を牽引 本田翼が放つ強烈オーラと現場での気配り

  4. 4

    役者はセリフが命…山P「インハンド」にブーイングのワケ

  5. 5

    帰化決意の白鵬が狙う理事長の座 相撲界を待つ暗黒時代

  6. 6

    安倍首相に怯える公明 増税延期解散なら小選挙区壊滅危機

  7. 7

    女子高生のスカート丈は景気とリンク 令和は長いor短い?

  8. 8

    主演「特捜9」が初回首位 V6井ノ原快彦が支持されるワケ

  9. 9

    モデルMALIA.はバツ4に…結婚・離婚を繰り返す人の共通項

  10. 10

    専門家が分析「亀と山P」春ドラマ対決の“勝者”はどっち?

もっと見る